リクルートカードは海外旅行で使える?海外旅行保険&高ポイント還元率がお得!

リクルートカードは、年会費無料ながら海外旅行保険が利用付帯でついてくる、お得なクレジットカードです!
海外ATMでキャッシングすることで、現地通貨を引き出すこともできるので、外貨両替手段としても活躍します。
今回はそんなリクルートカードの、海外利用におけるメリット・デメリットを紹介していきます!

このページで分かること!

このページでは、主に海外利用(海外ショッピング・海外キャッシング・海外旅行付帯保険)の観点から、リクルートカードのメリット・デメリットを調査しています。

  • リクルートカードはこんなカード
  • 「リクルートカード」と「レックスカード」を比較!
  • リクルートカードを使っている人たちの口コミは?
最もお得な外貨両替ランキング!

100を超えるクレジットカードの中から、海外キャッシングが得意な3枚のカードを選出!
徹底比較で分かった海外キャッシングが得意なクレジットカードとは?

【徹底比較】海外キャッシングにおすすめのクレジットカード3選!

2019.08.19

クレカの海外キャッシングだけでなく、他の外貨両替方法も含めて徹底比較しました。
「結局のところ何が一番お得なの?」という方はこちらをどうぞ。

全20種の外貨両替手数料+レートを徹底比較!最も安い方法はこれだ!

2019.09.10

スポンサーリンク

リクルートカードは海外旅行・留学におすすめ?

年会費:無料
国際ブランド:VISA/MasterCard/JCB/(銀聯)
海外旅行保険:利用付帯
還元率:基本1.20%
マイル交換率:不可
【リクルートカードの海外利用】おすすめポイントまとめ!

  • 年会費無料!
  • 海外旅行保険が利用付帯で付いてくる!
  • ポイント還元率がとにかく高い!(1.2%)

リクルートカードは年会費無料にもかかわらず、海外旅行保険が利用付帯で付いてくるクレジットカードです。

ハリネズミくん
そもそも、海外旅行保険利用付帯ってどういうこと?
ネコ先生
海外旅行や留学中の保険が、ある条件を満たせば付いてくるってことだよ!
リクルートカードの場合、海外への航空券やツアー代金を払えば、海外で病院の世話になっても、補償額までは支払いを建て替えてくれるんだ。
ハリネズミくん
それは良いね!

もちろん、クレジットカードなので、現地ATMでの海外キャッシングも可能です。
これによって、現地の通貨をお得に、かつ手軽に入手することができます

ハリネズミくん
なんだか色々と便利なクレジットカードなんだね。
ネコ先生
そういうことだね。
リクルートカードのメリット・デメリットを分かりやすく紹介していくね。

リクルートカードのメリット・特典

まずはリクルートカードのメリットや特典を見ていきましょう。

  • 年会費無料で使える
  • ポイント還元率がトップクラス(1.20%還元)
  • 国際ブランドはVISA/Master/JCBの中から選べる
  • VISAかMasterCardなら、銀聯カードを追加発行できる
  • 海外ATMでキャッシングが便利&海外ATM使用手数料が無料!
  • 海外旅行保険が利用付帯で付いてくる!
  • 旅行中のセキュリティ対策もバッチリ!

一つずつ見ていきましょう!

年会費無料で使える

クレジットカードによっては、年会費がかかるものもあります。
リクルートカードは、仮に一切使うことがなかったとしても、年会費がかからないため安心して発行することができます
極端な話、海外旅行のためだけに発行して、一切使わなかったとしても、全く問題ありません。

ポイント還元率がトップクラス(1.20%還元)

リクルートカードはその高いポイント還元率が有名です。
1.2%の還元率は同じく高還元率カードと言われる「楽天カード」(1.0%)よりも高く、トップクラスの還元率を誇ります
国内・海外での利用問わず、最も大きなメリットの一つは1.2%還元であることは間違いないでしょう。

ネコ先生
リクルートカードの一番の魅力はやっぱり、このポイント還元率だよ。
だけど、還元されるポイントは若干癖があるから、その点については【後述】するね。

国際ブランドはVISA/Master/JCBの中から選べる

リクルートカードは、3種類の国際ブランドからどれにするか選ぶことができます。
おすすめはVISAかMasterCardで、その理由は圧倒的に対応している国・店の割合が多いからです。
一方でJCBは、韓国・台湾・ハワイなど日本人がよく行く国では対応店もありますが、欧米圏では対応していない店の方が多いでしょう。

VISAかMasterであれば、基本的にはほとんどの場所で対応していると考えて差し支えないでしょう

VISAかMasterCardなら、銀聯カードを追加発行できる

先ほど、リクルートカードは3つの国際ブランドから選べると紹介しましたが、正確に言うともう一種類の国際ブランドを選ぶことができます。
それが「銀聯」ブランドで、主に中国で使えるカードブランドとなっています。

VISAかMasterCardのリクルートカードを持っている場合のみ、追加で銀聯リクルートカードを発行することができます
つまり、銀聯カードを追加発行する場合、2枚のリクルートカードを持つことになります。
また、追加発行する場合、1,000円の手数料がかかります

ハリネズミくん
どんな場合に銀聯リクルートカードを発行した方が良いの?
ネコ先生
中国によく行く場合なんかは、銀聯カードがあると便利だよ。
中国の中小店舗では、VISAなどの他の国際ブランドが使えなくても、銀聯は対応しているって店が多いから、中国滞在ではとても便利なブランドなんだ。

海外ATMでキャッシングが便利&海外ATM使用手数料が無料!

リクルートカードはキャッシング枠がついていれば、海外ATMから現地通貨を引き出すことができます

これこそが、「クレジットカードがあれば、外貨両替はしていく必要がない」と言われる理由です。
リクルートカードを使って、海外キャッシングをする際にかかる手数料は以下になります。

海外ATMからキャッシングをした際にかかる手数料

  • 海外キャッシングでかかる手数料合計=※利息+海外ATM使用手数料
  • ※利息=【※レート適用(VISAなど)】キャッシング金額×18%(年利)×借入日数÷365

※カード発行の際に選んだ国際ブランド(VISA/MasterCard/JCB)のレートが適用されます。

海外キャッシングの手数料や計算方法については、【こちらのページ】で分かりやすく記載しています。

海外キャッシングの手数料、理解できてる?具体的な計算方法を紹介!

2019.07.08
リクルートカードキャッシング手数料の計算例
  • 適用レート:1ドル=100円と仮定
  • キャッシング期間は30日と仮定する
  • 借入金額を500ドル(5万円相当)とする
  • 海外ATM使用手数料はリクルートカードの場合は無料

利息を計算すると、以下のようになります。

  • 50,000×18%×30÷365=739円

通常のクレジットカードは、海外ATM使用手数料が100~200円かかりますが、リクルートカードは無料です。
そのため、合計の手数料は「739円」となります。

ハリネズミくん
ちょっと複雑だね!
他のクレジットカードと比べるとどうなの?
ネコ先生
クレジットカードが変わっても、利率(1年で18%)は変わらないから、ほとんど大差ないよ。
だけど、リクルートカードは、海外ATM使用手数料の100~200円が無料になるから、その分は安くなるね
ハリネズミくん
なるほど~!
他のクレジットカードは、どれも海外ATM使用手数料がかかるものなの?
ネコ先生
セディナカードJiyu!da!】などを除いて、ほとんどのカードはかかるよ。
海外キャッシングがお得なクレカ

別ページ】で、海外キャッシングがもっとお得にできる年会費無料カードを紹介しています。
「両替総コストを100円以内」にしたい方は、是非参考にしてみてください。

【徹底比較】海外キャッシングにおすすめのクレジットカード3選!

2019.08.19

海外旅行保険が利用付帯で付いてくる!

リクルートカードが海外利用でも強みを発揮する理由はいくつかありますが、その1つが「海外旅行保険が利用付帯で付いてくる」ということです。
海外に行くための飛行機代金などをリクルートカードで支払えば、海外旅行保険が付帯となります

補償内容は以下になります。

補償内容 補償額
適用条件 利用付帯
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
救護者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行中の限度額)

【保険対象】

リクルートカード所有者本人が補償対象となります。
※家族は補償対象となりませんが、家族カードを発行(無料)すれば同じ保険が付帯となります。

【補償期間】

1旅行につき、最長3ヵ月の補償となります。

リクルートカードの付帯保険は、補償内容としては、正直物足りないですが、年会費無料のカードとして考えると、充実していると言えるでしょう
年会費無料ながら海外保険が自動付帯の「エポスカード」と上手く組み合わせると、より補償金額が大きなものとなります。

ハリネズミくん
旅行保険の補償内容は何が大切なの?
ネコ先生
特に「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の二つが大切だよ。
この二つの補償額は正直ちょっと少ないけど、他のクレジットカードの補償と※組み合わせれば良い感じになるよ。
※クレジット付帯保険は傷害死亡・後遺障害以外は、合算の補償となります。

ハリネズミくん
そしたら、リクルートカード+他の一枚(エポスなど)で良い感じになるんだね
他の海外旅行保険付帯クレジットカードは、どんなのがあるの?
ネコ先生
他の旅行保険付帯クレジットカードは、【別ページ】でまとめてるよ。

【海外旅行保険自動付帯&年会費無料】おすすめクレジットカード7枚はこれだ!

2019.08.11

旅行中のセキュリティ対策もバッチリ!

リクルートカードはセキュリティ対策もしっかりしています。

  • ICチップ搭載
  • 紛失・盗難時の全額補償
  • 不正使用検知システム
  • ショッピング保険

【ICチップ搭載】
スキミング被害防止に役立ちます。

【紛失・盗難時の全額補償】
紛失や盗難によって不正利用された場合に返金補償があります。
届け出た日から60日以内の不正利用であれば、全額補償の対象になります。
※もちろん、故意や持ち主の過失(名前の書き忘れなど)による損失は補償の対象外になるのでご注意を。

【不正使用検知システム】
カードショッピングなどでおかしな点がないか、会社によるチェックがされています。
利用動向がおかしい場合などは、会社によって一時停止状態にすることがあります。
※本人利用確認が取れればすぐに解除できます。

【ショッピング保険】
リクルートカードを使って、海外で購入した商品の破損・盗難などによる損害を、年間で最高200万円まで補償します。
なお、補償期間は購入日から90日間です。
ただ、VISA/MasterCardブランドの場合、自己負担3,000円、JCBブランドの場合、自己負担1万円が必要です。

ハリネズミくん
これだけセキュリティ対策がされていると、安心して使えるね!
ネコ先生
そうだね。特に、紛失・盗難補償があるから、スリ被害に遭いやすい海外でも安心して使えるね

リクルートカードのデメリット・注意点

リクルートカードのデメリットや注意点を見ていきましょう。

  • カード発行元が分かりにくい
  • 還元ポイントは癖がある
  • 海外キャッシングの繰り上げ返済はできるけど注意が必要

一つずつ見ていきましょう!

カード発行元が分かりにくい

リクルートカードは「リクルート」という名前が付いていますが、発行元は別の会社です。

  • VISA/MasterCardの場合:三菱UFJニコスが発行
  • JCBの場合:JCBが発行
ハリネズミくん
発行会社が違うってことはカードの性能も違うの?
ネコ先生
正直ほとんど変わらないんだ。
ETCカードの発行費用が変わってきたり、銀聯カードがVISA/Masterでないと発行できないなど、ごく細部の違いになるよ。
ハリネズミくん
そうなのか!
どれを選んだ方が良いとかはあるの?
ネコ先生
先ほども紹介したように、海外で使うなら、世界中で広く対応しているVISAかMasterCardのどちらかがおすすめだよ。

還元ポイントは癖がある

リクルートカードは1.2%という高還元率のクレジットカードですが、還元されるポイントが若干使いにくいです。
貯まるポイントは「リクルートポイント」で、貯めたポイントはPontaポイント(ローソンで使用可能)に交換したり、リクルートの運営するホットペッパーなどのサービスで利用することができます。

ハリネズミくん
そんなにリクルートポイント使いにくいようには見えないけど。。。?
ネコ先生
まあ、とても使いにくいわけではないね。
ただ、他社のポイントに比べると、やっぱり見劣りするのは事実かな。
  • キャッシュバック対応ポイント:そのまま現金還元
  • Tポイント:ファミリーマートはじめ、様々な主要店舗に対応
  • 楽天ポイント:楽天市場をはじめとした、ネット決済複数対応
  • リクルートポイント:Pontaポイント(ローソン使用)、リクルート社運営サービスで使用可能

このように、多少使用の幅が狭いのも事実です。

ハリネズミくん
なるほど。全然使えなくはないけど、若干使いにくいとも言えそうだね
ネコ先生
そういうことだね。

海外キャッシングの繰り上げ返済はできるけど注意が必要

海外キャッシングしたお金は、あくまで借金なので、放っておくと利子が増えていきます
ただ、リクルートカードでキャッシングしたお金は、繰り上げ返済(早く借金を清算すること)することができます

リクルートカードの繰り上げ返済には、以下の方法があります。

  • 電話確認⇒銀行振込
  • (VISA/Masterのみ)三菱UFJニコス提携ATMでの支払い

★海外でできる繰り上げ返済は?

リクルートカードの海外キャッシングは、海外からの繰り上げ返済はあまり便利とは言えません
海外からできる繰り上げ返済は、「電話確認⇒銀行振込」となります。

事前に一度、サポートデスクへ連絡する必要があるため、海外から手続きをすると、多少なり国際電話料金が発生します。

正直、1~2週間程度のキャッシング期間であれば、日本に帰国後、ATMか銀行振込で繰り上げ返済すれば十分でしょう。
キャッシングする金額にもよりますが、1~2週間程度であれば、利子は1,000円足らずで済むことが多いです

海外キャッシングがお得なクレカ

別ページ】で、海外キャッシングがもっとお得にできる年会費無料カードを紹介しています。
「両替総コストを100円以内」にしたい方は、是非参考にしてみてください。

【徹底比較】海外キャッシングにおすすめのクレジットカード3選!

2019.08.19

「リクルートカード」と「レックスカード」を比較!

「リクルートカード」同様、高ポイント還元率カードとして有名な「レックスカード」の違いを比較してみましょう!

カード名 リクルートカード レックスカード
デザイン
国際ブランド VISA/
MasterCard/
JCB/
(銀聯)
VISA/
MasterCard
発行条件 18歳以上 18歳以上
年会費 無料 無料
ポイント還元率 基本1.20% 基本1.25%
海外ATM使用手数料 無料 無料
海外キャッシング
繰上返済
・電話⇒銀行振込 ・電話⇒銀行振込
海外旅行付帯保険 【利用付帯】
傷害死亡・後遺障害:2,000万円
傷害治療費用:100万円
疾病治療費用:100万円
救護者費用:100万円
賠償責任:2,000万円
携行品損害:20万円(免責3,000円)
【自動付帯】
傷害死亡・後遺障害:2,000万円
傷害治療費用:200万円
疾病治療費用:200万円
救護者費用:200万円
賠償責任:2,000万円
携行品損害:20万円(免責3,000円)
その他特徴 発行会社が違うため、
カードの2枚持ちが可能
23万の提携施設がお得に!
他、各種サービス割引
ハリネズミくん
細かくてどこを見たら良いか分からないな~!
ネコ先生
大きな違いとしては、以下になるよ。

  • ポイント還元率:どちらもほぼ同じ
  • 海外キャッシング:リクルートカードの方が若干良い
    ⇒レックスカードは海外ATM使用手数料がかからないが、明細に反映されるまでに数週間程度かかるのに対して、リクルートカードは4~5日程度。
  • 海外旅行保険補償内容:レックスカードの方が良い
    ⇒自動付帯で付くため
ハリネズミくん
なるほど~!
こうして見ると、レックスカードの方が良さそうだけど、やっぱりそうなの?
ネコ先生
実は、一概にはそうは言えないね。
確かに海外旅行補償自動付帯は魅力的だけど、レックスカードはWEB明細にカード利用が反映されるまで、数週間かかるなど、癖も強いからね。
ハリネズミくん
そうなんだね!

海外利用におけるリクルートカードの口コミ・評判

海外利用という観点から、リクルートカードの口コミや評判を見ていきましょう。
以下、ツイッターよりピックアップしています。

以下、ツイッターでの口コミ・評判

ハリネズミくん
こうして見ると、リクルートカードを海外で使っている人もかなり多いみたいだね。
ネコ先生
そうだね。リクルートカードは比較的作りやすいカードで、ポイント還元率も高いからとても人気なクレカなんだよ
ハリネズミくん
なるほどね~!

まとめ:リクルートカードは海外旅行好きにもおすすめなクレジットカード!

リクルートカードは年会費無料ながら、海外旅行保険が利用付帯で付いてくる、お得なクレジットカードです
当然、海外キャッシングも利用できますし、海外旅行中の気になる盗難補償などもしっかりしています。

リクルートカード一枚あれば、海外旅行・留学がよりお得に、便利になるでしょう!

最もお得な外貨両替ランキング!

100を超えるクレジットカードの中から、海外キャッシングが得意な3枚のカードを選出!
徹底比較で分かった海外キャッシングが得意なクレジットカードとは?

【徹底比較】海外キャッシングにおすすめのクレジットカード3選!

2019.08.19

クレカの海外キャッシングだけでなく、他の外貨両替方法も含めて徹底比較しました。
「結局のところ何が一番お得なの?」という方はこちらをどうぞ。

全20種の外貨両替手数料+レートを徹底比較!最も安い方法はこれだ!

2019.09.10
リクルートカードのスペック
国際ブランド VISA/
MasterCard/
JCB/
(銀聯)
申込資格 満18歳以上の方(高校生を除く)
発行期間 1週間程度
家族カード 無料
ETCカード JCB:無料
VISA/Master:発行料1,000円
ポイント還元率 基本1.20%
マイル交換率 不可
海外旅行
付帯保険
【利用付帯】
傷害死亡・後遺障害:2,000万円
傷害治療費用:100万円
疾病治療費用:100万円
救護者費用:100万円
賠償責任:2,000万円
携行品損害:20万円(免責3,000円)
国内旅行
付帯保険
【利用付帯】
死亡・後遺障害:1,000万円
キャッシング利率 18%
海外ATM使用手数料 無料

スポンサーリンク








まだ空港で両替してるの?

外貨両替に無駄な手数料をかけるのはもうやめませんか?
このページには、外貨両替手数料を10,000円以上節約する方法が書いてあります
せっかくの旅行、絞れるところはしぼって、浮いたお金でプチ贅沢をしましょう!



海外旅行保険を無料に!?

1週間で4,000円、1カ月で17,000円。
海外旅行保険は確かに大切ですが、これだけの金額をかけるのは馬鹿らしくありませんか?
海外旅行保険付きのクレカを発行すれば、保険料を無料にすることができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です