海外旅行保険が利用付帯のクレジットカードで保険期間を延長する裏技とは

このページでは、おすすめの海外旅行保険利用付帯クレジットカードの紹介を行います。
なんと、海外旅行保険利用付帯カードをうまく使うことで、旅行保険の補償期間をかなり長いものにすることができるのです。

▲自動付帯保険カード+利用付帯保険カードで、半年程度まで保険期間を延長することができます。

90日以内の短期旅行だけ保険期間が使えれば良いという方は、【別ページ】にまとめた海外旅行保険自動付帯クレジットカードの方をおすすめします。

【海外旅行保険自動付帯&年会費無料】おすすめクレジットカード7枚はこれだ!

2019.08.11

一方で、「90日以降も海外旅行保険を付帯にする裏技」を知りたいという方は、このページが役に立つでしょう。

このページで分かること!

  • 自動付帯ではなく、利用付帯カードを使う理由
  • 海外旅行保険を90日目以降も継続する裏技
  • 裏技利用可能なおすすめ海外旅行保険利用付帯カード

スポンサーリンク

自動付帯カードではなく、「利用付帯カード」を使う理由とは

クレジットカードに付いてくる海外旅行保険には、必ず「自動付帯」か「利用付帯」のどちらかの性質があります
どのような違いかというと、以下の通りです。

  • 自動付帯カード:海外旅行保険に持って行くだけで、海外旅行保険が適用となるカード
  • 利用付帯カード:海外旅行保険の航空券代金などを支払うことで、海外旅行保険が適用となるカード
ハリネズミくん
これを見ると、自動付帯の方が明らかに良い感じがするね!
ネコ先生
基本的にはそうだよ。
ただ、自動付帯カードは、90日以上の長期海外滞在をする人には弱点があるんだ。

旅行保険が自動付帯で付いているクレジットカードは、出国から90日間保険が適用となります
逆の見方をすると、自動付帯保険だけでは、90日目以降の保険が一切なくなってしまうのです。

ハリネズミくん
海外で保険が一切なしは、確かかなり危ない】んだよね。
利用付帯カードを使えば、90日目以降も保険適用にすることができるの?
ネコ先生
正にそういうこと。
一部の利用付帯カードは、出国後の公共交通機関の支払いをすることで、その時点から保険の適用をONにすることができるんだ
ネコ先生
これこそが、「裏技」と呼ばれる海外旅行保険の補償期間を90日⇒180日に延ばす方法だよ。

▲左は自動付帯のエポスカード、右は利用付帯のJCB CARD W
自動付帯保険カード+利用付帯保険カードで、半年程度まで保険期間を適用にすることができます。

利用付帯カードは一見すると自動付帯カードと比べてデメリットですが、保険の開始日を自分で決めることができる点はメリットにもなり得るということですね。

180日以降の保険適用がおすすめできない理由

理論上は、利用付帯カードを何枚も用意することで、270日、360日と保険期間を伸ばすことはできますが、それはおすすめできません。
なぜなら、利用付帯保険付きクレカは、海外旅行保険の補償額が比較的少ないため、1枚だけだとかなり補償がか細くなってしまうからです。

90日目以降も保険期間を伸ばす裏技(現地で利用付帯をONにする方法)

海外旅行保険をクレジットカードだけで長期間まかなうには、以下の方法が必要となります。

▲出国から90日目までは、自動付帯カードで保険を補う。
自動付帯カードが切れる少し前の段階で、利用付帯カードで公共交通機関の支払いを行うことで、更に90日間の補償が受けられる。

ハリネズミくん
利用付帯カードの保険をONにするにはどうしたらいいの?

利用付帯カードの補償をONにするには、以下3つのいずれかを満たす必要があります。

  1. パッケージツアーなどの支払いを利用付帯カードで行う【この場合、出国から保険適用】
  2. 日本出国までの公共交通機関の支払いを利用付帯カードで行う【この場合、出国から保険適用】
  3. ※日本出国後、旅行に関する公共交通機関の支払いを利用付帯カードで行う【この場合、利用日から保険適用】

※一部カードは出国後、公共交通機関の支払をしても、補償がONにならないので注意。
※①や②を満たしてしまうと、出国日と同時に海外旅行保険の補償はONになってしまいます。(当然ですが、③の保険は使用不可になります。)

ハリネズミくん
なるほど!
①や②を使わずに、③の条件を上手く使うことで、現地で(旅行の途中で)保険期間をONにすることができるんだね!

現地到着後、海外旅行保険補償をONにするための公共交通機関の支払いとは以下になります。

対象になるもの 対象にならないもの
電車 レンタカー代
新幹線(特急電車) 自家用車等の関連費用
バス 高速道路代
タクシー 空港駐車場代
飛行機チャーター料金
航空券 施設のエアポートシャトルバス
電子マネーのチャージ
ハリネズミくん
車以外の交通機関は基本的に対象になるって考えて良さそうだね。
ネコ先生
そうだね。
車に関しては、タクシー以外は不可能って覚えておくのが賢明だよ。
レンタカーなんかも例外なくダメだからね。
ハリネズミくん
ちなみに、UberやGrabのような、配車アプリに関してはどうなの?
ネコ先生
良い質問だね。
UberやGrabなんかは、タクシーと同じような見方ができるけど、カード会社によるよ。
かなり細かいチェックが必要になるから、基本はNOと考えた方が良いかも

裏技が使えない利用付帯カード一覧

先ほどもチラッと紹介しましたが、中には旅行中の現地公共交通機関の支払いを行っても、保険がONにならないカードがあります
以下のカードが該当のものです。

裏技利用不可のカード

  • 楽天系カード(楽天カード、楽天ゴールドカードなど)
  • ニコス系カード(VIASOカードや、MUFG一般カードなど)
  • 高島屋カード
  • イオン系カード(イオンゴールドカードなど)
  • au walletクレジットカード

これらのカードは、基本的に航空券やツアー旅行の代金支払い時に、海外旅行保険が出国と同時にONになるカードなので、注意しましょう

裏技利用可能!利用付帯のクレカ一覧

以下は、海外旅行中の公共交通機関の支払いを行うことで、保険をONにすることができるカードです。

【裏技利用可能】年会費無料カード

裏技が使える、年会費無料のカードは以下になります。

  • JCB CARD W
  • JCB CARD R
  • JCB CARD EXTAGE
  • リクルートカード
  • 三井住友系カード
    ⇒【無料にできる】三井住友VISAクラシックカード(クラシックAは自動付帯なので注意)
    ⇒【無料にできる】ベルメゾンメンバーズカード(三井住友VISA+ベルメゾン)
    ⇒【無料にできる】MOBAGE CARD(三井住友VISA+MOBAGE)
    ⇒【無料にできる】minapitaカード(三井住友VISA+南海電気鉄道)

【裏技利用可能】年会費有料カード

裏技が使える、年会費有料のカードは以下になります。

  • JCB一般カード
  • JCBゴールドEXTAGE
  • セディナカードクラシック
  • セディナカードファースト
  • エムアイカードゴールド(補償多い)
  • エムアイカードプラスゴールド(補償多い)
  • 三井住友トラスト系カード(三井住友系カードは補償期間が60日間なのでご注意を)
    ⇒三井住友カード
    ⇒TRUST CLUB プラチナマスターカード
    ⇒TRUST CLUB エリートカード
    ⇒デルタ スカイマイル TRUST CLUB ゴールドVISAカード
    ⇒TRUST CLUB ゴールドカード
    ⇒TRUST CLUB ワールドカード
    ⇒デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード
    ⇒TRUST CLUB プラチナ Visaカード
    ⇒TRUST CLUB ワールドエリートカード
    ⇒SuMi TRUST CLUB リワードカード
    ⇒SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
  • AMEXグリーンカード
  • AMEXスカイトラベラーカード
  • デルタスカイマイルAMEXカード

【裏技利用可能】おすすめの海外旅行保険利用付帯カードはこの5枚!

裏技を利用可能なおすすめの海外旅行保険利用付帯カードは、以下の5枚です。

カード名 医療
補償限度額
年会費
JCB CARD W ※①傷害:100万円
疾病:100万円
無料
JCB CARD R 傷害:100万円
疾病:100万円
無料
リクルートカード 傷害:100万円
疾病:100万円
無料
三井住友VISA
クラシックカード
傷害:50万円
疾病:50万円
※②1,250円+税
エムアイカード
ゴールド
傷害:300万円
疾病:300万円
5,000円+税

※①傷害とは怪我による治療補償、疾病とは病気による治療補償のことです。
※②リボ払い設定+年一回の利用で年会費無料
⇒リボ払いは毎月の支払額を最大にすれば、一回払いと同様の扱いになります。

それでは、より詳しくおすすめの5枚を見ていきましょう!

JCB CARD W(年会費無料)

JCB CARD Wの簡単スペック表
年会費:無料
国際ブランド:JCB
海外旅行保険:利用付帯
還元率:基本1.0%
【JCB CARD Wの海外利用】おすすめポイントまとめ!

  • 年会費がずっと無料!
  • 海外旅行保険利用付帯で裏技利用可能!
  • 常にポイント2倍!(還元率1.0%相当)
JCB CARD Wの
海外旅行保険補償内容
補償内容 補償額
適用条件 利用付帯
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
救護者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円
JCB CARD Wの特徴まとめ

★JCB CARD Wは弱点のほとんどない安定感MAXのカード

JCB CARD Wの一番の魅力はデメリットが極端に少ないという点です。
海外旅行保険も基準の医療保険(傷害・疾病治療補償)100万円が付帯となっていますし、海外で頼れる海外キャッシングの手数料も無料です。
もちろん、年会費は無料です。

★常時ポイント還元率2倍は大きな魅力

JCB CARD Wの一番の魅力は、JCBプロパーカードとしては珍しく、常にポイント還元率が2倍(1.0%還元)になることでしょう。
高ポイント還元のカードにありがちな「強制リボ払い」などのデメリットもないので、安心して使えます。

★注意すべきデメリットは2点。

一方で、デメリットとしては以下の2点を挙げることができます。

  • 発行年齢制限がある
  • JCBブランド(海外でメインカードとして使うのはおすすめできず。)

★発行年齢制限がある

JCB CARD Wは常時ポイント還元2倍になるため、その分制限があります。
(制限なくJCB CARD Wを発行出来たら皆さんこれを選びますからね。)
制限の内容は、「39歳以下でないとこのカードを新規発行できない」ということです。

★JCBブランド(海外でメインカードとして使うのはおすすめできず。)

また、より細かいことに目を向けるのであれば、JCBブランド自体が弱点になり得ます。
日本国内ではJCBで問題ないのですが、韓国やハワイを除く海外では、JCB非対応店もあるため注意が必要です。
そのため、JCB CARD Wはそれ単体で使用するのではなく、あくまでサブカードとして保有するのをおすすめします。

★裏技用カードとしては、安定した魅力を持つおすすめの一枚

上述のように、JCB CARD Wは若干の弱点こそありますが、全体としては非常に安定して良好なスペックを持つカードと言えます。
海外留学や滞在中に利用付帯保険に切り替えるための裏技カードを求めている方には、JCBプロパーならではの信頼感含め、魅力的な一枚と言えるでしょう。

JCB CARD R(年会費無料)

JCB CARD Rの簡単スペック表
年会費:無料
国際ブランド:JCB
海外旅行保険:利用付帯
還元率:基本1.0%
【JCB CARD Rの海外利用】おすすめポイントまとめ!

  • 年会費がずっと無料!
  • 海外旅行保険利用付帯で裏技利用可能!
  • 常にポイント2倍!(リボ払いの手数料発生時、最大ポイント4倍に)
JCB CARD Rの
海外旅行保険補償内容
補償内容 補償額
適用条件 利用付帯
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
救護者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円
JCB CARD Rの特徴まとめ

★JCB CARD Rも裏技用カードとしてはおすすめの一枚

JCBのプロパーカードというステータス自体、非常に信頼感あふれる根拠の一つになります。
そういった意味では先述のJCB CARD Wと共に、JCB CARD Rも裏技用カードとしておすすめの一枚です。

★とにかく気をつけるべきはリボ払い

JCB CARD RもJCB CARD W同様、ポイントが常時2倍になるカードです。
ただ、CARD Rには、気をつけるべきデメリットが一つあります。
それが、「強制リボ払い(一括設定なし)」です。

★強制リボ払い(一括設定なし)は悩みの種

強制リボ払いになる一部のカードは、設定次第で一括払いと同様の扱いにできるカードがあります。
ただ、残念ながらJCB CARD Rはそういった設定がないので、リボ払いを避けるためには、都度繰り上げ返済をJCBに問い合わせる必要があります。

これは非常に手間なので、JCB CARD Rを持つ場合は、メインではなくサブカードにすることを推奨します。
たまにしか使わないのであれば、繰り上げ返済もそれほど面倒ではないでしょう。

★JCB CARD W>JCB CARD Rだが、39歳以上でも発行可能。

説明を見ても分かるように、発行できるならJCB CARD Wの方がデメリットも少なく、安心して使えるカードです。
ただ、39歳以上の場合、JCB CARD Wの新規発行は不可です。
そのため、そういった方には裏技用カードとして、JCB CARD Rを発行するのは一つの選択肢と言えます。

リクルートカード(年会費無料)

リクルートカードの簡単スペック表
年会費:無料
国際ブランド:VISA/MasterCard/JCB/(銀聯)
海外旅行保険:利用付帯
還元率:基本1.20%
【リクルートカードの海外利用】おすすめポイントまとめ!

  • 年会費無料!
  • 海外旅行保険利用付帯で裏技利用可能!
  • ポイント還元率がとにかく高い!(1.2%還元)
リクルートカードの
海外旅行保険補償内容
補償内容 補償額
適用条件 利用付帯
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
救護者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円
リクルートカードの特徴まとめ

★リクルートカードはとってもシンプル&グッドなカード

リクルートカードは、このページで紹介しているように裏技利用カードの一つです。
ただ、リクルートカードの特徴はとってもシンプルです。
以下の3点を知れば、リクルートカードはOKです。

  • 年会費無料
  • 利用付帯海外旅行保険はベーシックなもの
  • ポイント還元率が1.2%還元でとても高い

★年会費無料

海外旅行付帯保険カードの多くは、年会費が有料ですが、リクルートカードは無料です。
年会費無料というのは、常に嬉しい響きです。

★利用付帯海外旅行保険はベーシックなもの

海外旅行付帯保険の内容としては、JCB CARD Wなどと同じで、最低限の補償は備わっていると言えます。
利用付帯保険付きカードの補償額は低いものが多いので、リクルートカードはそれなりの基準額は備わっていると言えます。

★ポイント還元率が1.2%還元でとても高い

リクルートカードの一番の魅力は、ポイント還元率が常時1.2%だということです。
これは押しも押されぬメリットで、高還元ポイントカードとしては紛れもなくトップクラスです。

★デメリットがほんとにないカード

メリットを挙げた一方で、デメリットも紹介したいところなのですが、リクルートカードにはデメリットと言えるような部分がないです。
無理くりデメリットを見つけるのであれば、「ステータス性が乏しい」などが挙げられるでしょうか。
とは言え、この点は気にならない方が多いのではないでしょうか。

このように、メインカードとして使っても良し、サブカードとしても頼りになるカードがリクルートカードなのです。

三井住友VISAクラシックカード(設定で年会費無料)

三井住友VISAクラシックカードの簡単スペック表
年会費:1,250円+税
国際ブランド:VISA
海外旅行保険:利用付帯
還元率:基本0.5%
三井住友クラシックカードのおすすめポイントまとめ!

  • 海外旅行保険が利用付帯で裏技利用可能
  • セキュリティ・補償の万全な三井住友カード
  • 銀行でもトップクラスのステータスを持つ三井住友カード
三井住友VISAクラシックカードの
海外旅行保険補償内容
補償内容 補償額
適用条件 利用付帯
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 50万円
疾病治療費用 50万円
救護者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害(免責3,000円) 15万円
三井住友VISAクラシックカードの特徴まとめ

★三井住友クラシックカードは抜群の信頼感!

三井住友クラシックカードは、日本のクレジットカードではトップクラスにセキュリティが固いと言われる三井住友カードの発行するクレジットカードです。

カード自体の特典などは、他に紹介してきたカードの方が上かもしれませんが、抜群の安心感があります。
実際、管理人も三井住友カードは10年ほど使っていますが、今まで一度もセキュリティ上の問題には遭遇していません。

★海外旅行保険は利用付帯&裏技利用可能!

とは言え、スペックが低いというわけでは決してありません。
まず、海外旅行保険は利用付帯で、このページで紹介してきた裏技も利用可能です。
補償限度額はやや少なめですが、他のカードの補償を上乗せすればそれなりの額にはなります。

★年会費はリボ払い設定&年一の利用で無料にできる

年会費に関しても、通常は1,250円+税がかかりますが、これは設定で無料にすることができます。
リボ払いをONにしたうえで、リボの支払額を最大にしましょう。

こうすることで、実質一回払いとなりますが、年会費割引のメリットは享受できます。
その上で、年に一回以上利用すれば、年会費は無料となります。

★ゆくゆくはどこに出しても恥ずかしくないカードに

三井住友クラシックは、遅延などをせずに使っていくことで、※ゴールドカードへランクアップすることができます。
※三井住友ゴールドはステータスのあるカードです。
年齢や会社内での昇進と合わせて、クレカのステータスを上げていきたい場合は、三井住友クラシックはうってつけの一枚と言えます。

エムアイカードゴールド

エムアイカードゴールドの簡単スペック表
年会費:通常5,000円+税
国際ブランド:VISA
海外旅行保険:利用付帯
還元率:基本1.0%
エムアイカードゴールドのおすすめポイントまとめ!

  • 国内主要空港のラウンジサービス利用可能
  • 海外旅行保険利用付帯カードとしては、トップクラスの補償限度額
  • 1.0%の高還元率!
エムアイカードゴールドの
海外旅行保険補償内容
補償内容 補償額
適用条件 利用付帯
傷害死亡・後遺障害 1億円
(5,000万円は自動付帯)
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
救護者費用 400万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害(免責3,000円) 100万円
エムアイカードゴールドの特徴まとめ

★エムアイカードゴールドは利用付帯カードとしては最も盤石

まず結論から言ってしまうと、裏技用カードとしては、エムアイカードゴールドの旅行保険が最も手厚いです。
どの部分も手厚いですが、医療保険(傷害・疾病治療補償)がどちらも※300万円付帯しているのが嬉しい点です。
※ちなみに、300万円の医療補償は「当サイトが海外旅行医療保険として用意することを推奨する金額

★利用付帯補償として医療補償300万円付帯は跳びぬけてる

年会費こそ5,000円+税がかかるものの、海外旅行保険利用付帯カードとして、これほど手厚いものは他にありません。
日本出国90日以降も手厚い保険を求めるなら、エムアイカードゴールドが最もおすすめです。
年会費を避けたい場合は、他のカードの旅行保険を組み合わせて300万円程度まで持って行くことも、不可能ではありません。

★保険以外もかなりスペックが高い

ゴールドカードだけあって、海外旅行付帯保険以外もスペックは高いです。
まずポイント還元率は1.0%と、基準の0.5%還元と比べても高いです。

更に、海外旅行によく行く方には嬉しい国内主要空港ラウンジが利用可能になります。
これで旅行前の隙間時間も、リラックスして過ごすことができますね。

★年会費こそネックなものの、考慮の価値ありなカード

このように年会費こそ他のカードと違って5,000円+税が発生しますが、海外90日目以降もしっかりとした保険を付帯したい方にはうってつけのカードと言えるでしょう。

まとめ:海外旅行保険延長の裏技利用予定の方は必ず確認を

海外旅行保険自動付帯カードは非常に便利ですが、日本出国90日後にはその効力が切れてしまいます。
それを延長する方法として、「海外旅行保険利用付帯カードで現地の公共交通機関の支払いを行う」という裏技があります

保険延長の裏技が利用可能なカードは以下になります。

  • JCB CARD W:常時ポイント2倍のJCBプロパーカード。安心感がある。
  • JCB CARD R:強制リボ払いカード。使う際は注意が必要。
  • リクルートカード:ポイント還元率の高い海外旅行保険利用付帯カード。年会費無料。
  • 三井住友VISAクラシックカード:安心の三井住友ブランド。補償限度は比較的少ないが、間違いのない一枚。
  • エムアイカードゴールド:保険の補償額がとても手厚い。その代わり、年会費が5,000円+税

注意がましいですが、裏技を利用予定の方は、事前にカード会社などに必ず確認をするようにしましょう
当サイトでも当然確認はしていますが、カードの使用変更などにより期間が短くなったり、利用付帯でなくなる可能性も無きにしも非ずです。

海外旅行保険の費用を節約しようとして、結果的に高くつくことになってはもったいないので、確認は怠らないようにしましょう

スポンサーリンク








まだ空港で両替してるの?

外貨両替に無駄な手数料をかけるのはもうやめませんか?
このページには、外貨両替手数料を10,000円以上節約する方法が書いてあります
せっかくの旅行、絞れるところはしぼって、浮いたお金でプチ贅沢をしましょう!



海外旅行保険を無料に!?

1週間で4,000円、1カ月で17,000円。
海外旅行保険は確かに大切ですが、これだけの金額をかけるのは馬鹿らしくありませんか?
海外旅行保険付きのクレカを発行すれば、保険料を無料にすることができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です