【海外旅行保険自動付帯&年会費無料】おすすめクレジットカード7枚はこれだ!

海外旅行保険は一切なしというのは危険ですが、わざわざ入るのもお金がかかって嫌ですね。
そんな方におすすめなのが、海外旅行保険付帯のクレジットカードを発行することです。

特に「年会費無料&海外旅行保険自動付帯」のクレジットカードを持つことで、一切お金をかけることなく、海外旅行保険を付帯することができます
そこで今回は、上記条件を満たすクレカ7枚を紹介していきます!

このページで分かること!

  • 年会費無料&海外旅行保険自動付帯のクレジットカード7選!
  • 旅行保険付帯クレジットカードの必須知識

スポンサーリンク

年会費無料&海外旅行保険自動付帯のおすすめクレジットカード7枚!

今回おすすめの海外旅行保険付帯クレジットカードを選ぶにあたって、下記3点を選出の条件にしました。

  • 年会費無料
  • 海外旅行保険自動付帯(旅行代金の支払いなしで海外旅行保険が付帯になる)
  • 医療費キャッシュレスサービスあり(現地医療費の建替えをする必要がない)

それでは、おすすめの海外旅行保険付帯クレジットカード7枚(順不同)を見ていきましょう!

1.エポスカード(最もおすすめ!)

エポスカードの簡単スペック表
年会費:無料
国際ブランド:VISA
海外旅行保険:自動付帯
ポイント還元率:基本0.5%
エポスカードのおすすめポイントまとめ!

  • 海外旅行保険が自動付帯&年会費無料!
    ⇒海外旅行保険は年会費無料カードではトップクラスの補償金額
  • 海外キャッシング後、ネットで繰上返済ができる
  • 最短で即日の受取りが可能!
エポスカードの
海外旅行保険補償内容
補償内容 補償額
適用条件 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 500万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 270万円
救護者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円
エポスカードの特徴まとめ

★エポスカードの海外旅行付帯保険はすごい!

エポスカードは年会費無料&海外旅行保険自動付帯のクレジットカードの中でも、その代表格として挙げられるカードです。
個人的にも最もおすすめのカードです。

その理由は年会費無料なのに、補償のスペックがとても手厚いから。
海外旅行保険で最も重視される医療保険(傷害治療費用と疾病治療費用)がそれぞれ200万円、270万円補償とかなり手厚いのです。
もちろん年会費は永年無料となっています。

★海外キャッシングもかなり便利?

更に見逃せないのが、エポスカードは海外キャッシングもかなり便利であるということです。
エポスの海外キャッシングは繰上返済までに多少時間がかかりますが、ネットから返済することができます。
海外旅行保険&海外キャッシングという、海外旅行中のクレジットカードに特に求める2つの役割をどちらもこなすことができます。

★発行審査⇒最短即日受取り可能!

エポスカードは受取りに関しても、選択の幅が広いです。
ネットからの発行審査は、短い場合5分程度で終了し、店舗受取りを選択することで、最短即日でのカード受取りも可能です。
旅行が明日あさってに迫っている方には、非常に魅力的ですね!

★多くの旅行者のお伴になっているから安心して使える!

最後に、エポスカードに関して最も大切なのは、海外旅行をしている方の信頼をしっかり集めている点です。
スペックが良くても、実際は使い勝手が悪いカードなどはありますが、エポスカードは使用感などに関しても、好意的な声が並んでいます。

実のところ、管理人も一人のエポスカードファンです。
もし、海外旅行付帯保険用にカードを一枚だけ発行するなら、エポスカードで間違いないでしょう!

2.セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルーアメックスの簡単スペック表
年会費:通常3,240円
※25歳以下は年会費無料
国際ブランド:AMEX
海外旅行保険:自動付帯
還元率:基本0.5%
セゾンブルーアメックスのおすすめポイントまとめ!

  • 25歳以下は年会費無料!
  • ゴールドカードレベルの海外旅行保険が自動付帯!
  • 帰国時スーツケース宅配が一つまで無料!
セゾンブルーアメックスの
海外旅行保険補償内容
補償内容 補償額
適用条件 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 3,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
救護者費用 200万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害(免責3,000円) 30万円
セゾンブルーアメックスの特徴まとめ

★セゾンブルーアメックスの海外旅行付帯保険はすごい!

セゾンブルーアメックスは掛け値なしに、ゴールドカードと同レベルの海外旅行付帯保険を備えています。
特に、医療保険二つは、共に300万円の補償限度額が付いています。
そのため、最悪このカード一枚あれば、それなりに手厚い保険を手にした状態で海外旅行に行くことができます。

★年会費が25歳以下は無料!

26歳以降は3,000円+税の年会費がかかりますが、25歳以下の方であれば年会費は無料です。
この特典からも分かるように、セゾンブルーアメックスは将来の優良顧客を囲いたい思惑があるため、比較的若年層でも発行しやすいカードになっていると言えます。

★海外旅行帰国時のスーツケース宅配が一つまで無料!

海外旅行から帰国した際の、自宅までのスーツケース配送が一つまで無料という特典もあります。
通常2,000円ほどかかるサービスなので、これが無料になるのは有難いですね。
海外旅行終わりの疲れている体には、嬉しいサービスと言えそうです。

★25歳以下であれば、超おすすめの一枚!

セゾンブルーアメックスは、海外旅行保険自動付帯に限らず、帰国時スーツケース宅配など、海外旅行のお得さにターゲットを絞ったクレカとも言えます。
25歳以下であれば、年会費も無料になるため、若年層には一押しのカードと言えます!

3.レックスカード

レックスカードの簡単スペック表
年会費:無料
国際ブランド:VISA,MasterCard
海外旅行保険:自動付帯
還元率:基本1.25%
レックスカードのおすすめポイントまとめ!

  • 海外旅行保険が自動付帯&年会費無料!
  • レックスカードの海外旅行保険は穴がない
  • 通常利用でも1.25%の高還元率!
レックスカードの
海外旅行保険補償内容
補償内容 補償額
適用条件 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
救護者費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円
レックスカードの特徴まとめ

★ポイント還元率が半端ない!?

レックスカードは、ジャックスと価格.comが運営するクレジットカードです。
安値比較で有名な価格.comが出しているカードだけあって、ポイント還元率は常時1.25%と、トップクラスの高還元率となっています。
ただ、レックスカードはポイント還元だけでなく、自動付帯の海外旅行保険も魅力の一つです。

★海外旅行保険の内容は全体的に隙がない

レックスカードの海外旅行保険は、全体的に隙が無いのが特徴です。
どの補償額も200~2,000万円と安定しているため、補償金額上乗せ用クレカとしても、とても優秀と言えます。

★海外利用メインにするには癖が目立つ?

レックスカードはスペックはとても高いのですが、海外利用クレカとしてメインで使うと癖もあります。
海外旅行中のショッピングやキャッシングでも当然利用できますが、売上げの確定までに、数週間程度の時間がかかります。
WEB明細の反映までが長いので、海外における使い勝手が良いとは言えません。

★とはいえ、サブカードとしての保有は魅力的!

ただ、純粋なスペックだけを見ると、「1.25%の高ポイント還元率」+「自動付帯の海外旅行保険自動付帯」と、年会費3,000円程度かかってもおかしくないだけのスペックを併せ持っているのも事実。
海外でのメインカードには向きませんが、サブカードとしては、とても優秀なカードと言えます。

4.ジャックス横浜インビテーションカード

ジャックス横浜インビテーションカードの簡単スペック表
年会費:無料
国際ブランド:MasterCard
海外旅行保険:自動付帯
還元率:基本0.5%
ジャックス横浜インビテーションカードのおすすめポイントまとめ!

  • 海外旅行保険自動付帯&年会費無料!
  • ジャックス横浜の海外旅行保険は穴がない
  • 海外旅行中のトラブル対策ガイドブックが貰える
ジャックス横浜の
海外旅行保険補償内容
補償内容 補償額
適用条件 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
救護者費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円
ジャックス横浜インビテーションカードの特徴まとめ

★ジャックス横浜インビテーションカードはレックスカードとほぼ同じ!

ジャックス横浜インビテーションカードは、レックスカード同様、ジャックスの発行するクレジットカードです。
ただ、ポイント還元率は0.5%のままなど、ポイント面ではレックスカードに劣っています。

★ジャックスの発行するトラブル対策ガイドブックが貰える

この点もレックスカードと同じなのですが、ジャックス横浜インビテーションカードは、発行元のジャックスから海外旅行中のトラブル対策ガイドブックが貰えます。
旅行中のトラブルに遭ってしまっても、ガイドブック通りに対処することで、トラブル解決につなげることができます。

★レックスカード同様サブカードの扱いがおすすめ?

ジャックス横浜カードも、レックスカード同様、ジャックスの明細システムを使っています。
そのため、海外旅行中の決済は明細反映までに数週間がかかります。

こういった点から、レックスカード同様、ジャックス横浜カードも海外旅行保険の補償額上乗せカード(サブカード)として使うのが、賢いと言えるかもしれません。

5.Booking.comカード

Booking.comカードの簡単スペック表
年会費:無料
国際ブランド:VISA
海外旅行保険:自動付帯
還元率:1.0%自動キャッシュバック
Booking.comカードのおすすめポイントまとめ!

  • 海外旅行保険自動付帯&年会費無料!
  • Booking.com利用が最大16%お得に!
    ⇒内訳:genius特典10%OFF、Booking.comポイント5%、通常ポイント1%
  • 通常利用で1.0%のキャッシュバック!
Booking.comカードの
海外旅行保険補償内容
補償内容 補償額
適用条件 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
(自動付帯300万、利用付帯1,700万)
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
救護者費用 150万円
賠償責任 2,500万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円
Booking.comカードの特徴まとめ

★Booking.comカードはカードスペックがめちゃくちゃ高い!

Booking.comカードは、このページで紹介している他カードと比べると、海外旅行保険の補償額がそれほど多いわけではありません。
特に大切な「傷害治療費用100万円」、「疾病治療費用100万円」とこのカードだけでは、心細いと言えます。
ただ、Booking.comカードは、それ以外の特典がとても優秀なのです。

★海外旅行好きには欠かせないBooking.comが最大16%割引に!

海外旅行によく行く方であれば、欠かせないホテル予約サイト「Booking.com」。
このカードは名前の通り、Booking.comを利用する際に、大きな恩恵を受けることができます。
なんと、このカードを使用して、Booking.comの予約支払いを行うことで、最大16%もの割引を受けることができるのです。

  • Genius特典10%OFF
  • 5%ポイントバック
  • 1%通常ポイント還元

★通常還元率も1%キャッシュバックと高め

ポイント還元に関しては、1%の現金キャッシュバックとなります。
このため、サブカードとして用意した場合でも、ポイントが貯まらず、腐ってしまうというようなことはありません。

★運営は安心感がある三井住友カード

最後に極めつけとして、Booking.comの運営は三井住友カードが行っています。
三井住友カードは、日本のクレカ会社としては、トップクラスのセキュリティを誇っているため、使っていて非常に安心感があります。

★メインカードでもサブカードでも使えるカメレオンカード

ここまで紹介したように、Booking.comカードは使い手によって、様々な特色を持つカードとなります。
海外旅行好きには、付帯旅行保険&Booking.comの割引が刺さり、メインカードとしても1%の還元率が嬉しいです。
もちろんサブカードとして、海外旅行保険の上乗せにも使えるのです。

どんな方にも損をさせないという点が、Booking.comカードの一番の魅力であると言えるでしょう。

6.学生専用ライフカード

学生専用ライフカードの簡単スペック表
年会費:無料
国際ブランド:VISA/MasterCard/JCB
海外旅行保険:自動付帯
還元率:基本0.5%(海外では5.0%)
学生専用ライフカードのおすすめポイントまとめ!

  • 年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯!
  • 学生専用ライフカードの海外旅行保険は穴がない
  • 海外ショッピング利用時は5%キャッシュバック!
学生専用ライフカードの
海外旅行保険補償内容
補償内容 補償額
適用条件 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
救護者費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円
学生専用ライフカードの特徴まとめ

★学生なら学生専用ライフカード一択?

学生の場合、海外旅行に関して最もお得なクレジットカードは、学生専用ライフカード一択です。
何がすごいのかというと、海外旅行保険が自動付帯&年会費無料はもちろんのこと、海外でのショッピングに関しては5%のポイントバックがあるという点です。

★5%のポイントバックは学生専用ライフカードだけ

5%バックというのは、現金で戻ってきます。
事前に旅行に行くことへの申告が必要なこと以外に、特に必要な条件はありません。
これは他のクレカでは一切ない特典となっており、真面目な話、学生であればこのカードを選ばない理由がありません。

★海外旅行保険も穴がない

付帯になる海外旅行保険も隙がありません。
医療補償200万円の限度額をはじめとして、※どの項目も平均以上の補償金額を備えています。
※ただ、このカード一枚では、医療補償300万円には届かないので、一枚だと不安ではあります。

★カードの利用限度額が若干少ない?

唯一のデメリットと言えるのが、カードの利用限度枠が5~30万円と若干心もとない点です。
更に、キャッシング利用枠もマックスでも10万円であるため、多額の現金をキャッシングしたい場合には、若干物足りないでしょう。
ただ、利用枠に関しては、学生専用カードという点もあるため、仕方がない部分とも言えますね。

カードの利用枠以外に関しては、非の打ちどころのないクレカなので、旅行に行く学生さんは、このカードを使うことをおすすめします。

7.三井住友クラシックカードA

三井住友クラシックカードAの簡単スペック表
年会費:初年度無料
※1500円+税
国際ブランド:VISA
海外旅行保険:自動付帯
還元率:基本0.5%

※リボ払い設定+年一回の利用で年会費無料
⇒リボ払いは毎月の支払額を最大にすれば、一回払いと同様の扱いになります。

三井住友クラシックカードAのおすすめポイントまとめ!

  • 海外旅行保険が自動付帯&設定で年会費無料
  • セキュリティ・補償の万全な三井住友カード!
  • 銀行でもトップクラスのステータスを持つ三井住友カード
三井住友クラシックAカードの
海外旅行保険補償内容

補償内容 補償額
適用条件 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
(自動付帯300万、利用付帯1,700万)
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
救護者費用 150万円
賠償責任 2,500万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円
三井住友クラシックAの特徴まとめ

★三井住友クラシックAカードは抜群の信頼感!

三井住友クラシックカードAは、日本のクレジットカードではトップクラスにセキュリティが固いと言われる三井住友カードの発行するクレジットカードです。

カード自体の特典などは、他に紹介してきたカードの方が上かもしれませんが、抜群の安心感があります。
実際、管理人も三井住友カードは10年ほど使っていますが、今まで一度もセキュリティ上の問題には遭遇していません。

★海外旅行保険は自動付帯!

とは言え、スペックが低いというわけでは決してありません。
まず、海外旅行保険は自動付帯となっていますし、医療保険の補償限度額100万円は単体としては物足りませんが、他のカードの補償を上乗せすればかなりの額にはなります。

★年会費はリボ払い設定&年一の利用で無料にできる

年会費に関しても、通常は1,500円+税がかかりますが、これは設定で無料にすることができます。
リボ払いをONにしたうえで、リボの支払額を最大にしましょう。

こうすることで、実質一回払いとなりますが、年会費割引のメリットは享受できます。
その上で、年に一回以上利用すれば、年会費は無料となります。

★ゆくゆくはどこに出しても恥ずかしくないカードに

三井住友クラシックAは、遅延などをせずに使っていくことで、※ゴールドカードへランクアップすることができます。
※三井住友ゴールドはステータスのあるカードです。
年齢や会社内での昇進と合わせて、クレカのステータスを上げていきたい場合は、三井住友クラシックAはうってつけの一枚と言えます。

海外旅行保険付帯クレジットカードに関する知識

海外旅行保険付帯クレジットカードに関して、最低限知っておくべき知識3つを紹介していきます。

  • 海外旅行保険で最も大切なのは、傷害治療費用&疾病治療費用
  • カードの補償限度額は複数枚の組み合わせが可能!
  • クレカの付帯海外旅行保険の補償期間は3カ月!

1つずつ見ていきましょう。

海外旅行保険で最も大切なのは、傷害治療費用&疾病治療費用

海外旅行保険は、海外で起こり得る様々なトラブルへのセーフティネットのようなものです。
旅行先でホテル備え付けのものを壊してしまった(損害賠償)、海外の山奥で遭難したため、捜索隊を要請した(救護者費用)などなど、海外旅行中の様々なトラブルに備えた保険なのです。

ただ、その中で最も大切でよく使われるのが「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の二つです。

ハリネズミくん
字を見る限り、それぞれ怪我の治療(傷害治療費用)、病気の治療(疾病治療費用)って感じかな?
ネコ先生
その通り!
二つ合わせて、医療補償と言われたりもするね。

海外旅行保険の項目ごとの補償額を見ていくと、損害賠償や死亡保険の額が大きいですが、最も大切なのは「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の二つなのです。
そのため、カード付帯の保険が手厚いかどうかは、この二つの項目を見ることで分かります

カードの補償限度額は複数枚の組み合わせが可能!

クレジットカードの付帯保険は一枚一枚はそれほど補償額が多いわけではありませんが、カードの補償額を上乗せしていくことが可能です。

例えば、エポスカードとレックスカードを組み合わせると以下のようになります。

補償内容 エポスカード レックスカード 2枚を合算した場合
   
適用条件 自動 自動
傷害死亡・
後遺障害
500万円 2,000万円 2,000万円
傷害治療費用 200万円 200万円 400万円
疾病治療費用 270万円 200万円 470万円
救護者費用 100万円 200万円 300万円
賠償責任 2,000万円 2,000万円 4,000万円
携行品損害
(免責3,000円)
20万円 20万円 40万円

※傷害死亡・後遺障害の項目のみ、上乗せはなく、補償額の多い方が適用となります。

ハリネズミくん
なるほど!
仕組みについては分かったけど、大体何枚くらいカードを上乗せした方が良いとかはあるの?
ネコ先生
傷害治療費用と疾病治療費用の二つがそれぞれ300万円を超えるようなら、最低限はクリアかな。
この二つが300万円以下なのは、正直危険かな。

当サイトはどこの国に行く場合でも、医療補償300万円は必ず用意することを推奨しています。
詳しくは【別ページ】で紹介していますが、300万円の医療補償が付いていれば、大抵は問題ないからです。

【データから見る海外旅行保険の必要性】300万円超えの請求は何%?

2019.08.06

そういった意味では、セゾンブルーアメックスなどは、一枚で300万円の医療補償がついているため、かなり優秀と言えます
一方で、このページで紹介しているそれ以外のカードは、複数枚組み合わせる必要があると言えます。

クレカの付帯海外旅行保険の補償期間は3カ月!

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、出発から3カ月までが付帯保険の補償期間となります。
逆に言うと、3か月を超えるような海外滞在をする場合は、90日目以降はクレカの付帯がなくなる為、気をつける必要があります

ただ、利用付帯クレジットカードを上手く使うことで、3か月目以降もクレカの海外旅行保険を適用することができます
この裏技については【別ページ】でまとめているので、興味がある方はチェックしてみてください。

海外旅行保険が利用付帯のクレジットカードで保険期間を延長する裏技とは

2019.09.15

もっと手厚い保険や家族特約が欲しいならゴールドカードがおすすめ!

このページで紹介してきた海外旅行保険付帯クレジットカードは、年会費無料かつ海外旅行保険が自動付帯という、それ自体とても優秀な性能を持つクレカです。

そういった意味で、どうしても補償額の面で、とても優れているというものはありません
※セゾンブルーアメックスはとても優秀ですが、26歳以降は年会費3,000円+税がかかります。

そこで、もっと多額の補償を用意しておきたい場合や、家族も補償対象になるカードを用意したい場合は、ゴールドカードを発行することをおすすめします

ネコ先生
中には年会費が割安で、海外旅行保険が優秀なゴールドカードなんかもあるよ。
ハリネズミくん
それは良いね!おすすめのゴールドカードはどこで見れるの?
ネコ先生
おすすめの海外旅行保険付帯ゴールドカードについては、【別ページ】にまとめているから、興味がある場合は見てみて。
ただ、最低限の保険分を用意するだけなら、このページで紹介したクレカを何枚か発行するだけでも十分補えるよ。

【補償が優秀】海外旅行保険がお得なゴールドカード5枚はこれだ!

2019.08.16

まとめ:最低限の海外旅行保険なら年会費無料クレカだけでもOK!

海外旅行保険は、年会費無料のクレジットカードだけでも十分に補うことができます
当サイトで推奨している300万円の海外医療保険】は、このページで紹介した7枚のクレカを組み合わせることで、十分到達可能でしょう。

それぞれカード毎に特徴が分かれているため、自分に合うカードを選ぶことをおすすめします。

>>次のページは
【補償が優秀】海外旅行保険がお得なゴールドカード5枚はこれだ!

スポンサーリンク








まだ空港で両替してるの?

外貨両替に無駄な手数料をかけるのはもうやめませんか?
このページには、外貨両替手数料を10,000円以上節約する方法が書いてあります
せっかくの旅行、絞れるところはしぼって、浮いたお金でプチ贅沢をしましょう!



海外旅行保険を無料に!?

1週間で4,000円、1カ月で17,000円。
海外旅行保険は確かに大切ですが、これだけの金額をかけるのは馬鹿らしくありませんか?
海外旅行保険付きのクレカを発行すれば、保険料を無料にすることができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です