【利用設定】エポスカードで海外旅行前に必要な6つの手続き

エポスカードを持って海外旅行に行くと、それだけでグッと旅行が快適なものになります。
ただ、旅行前には、カードの利用設定などいくつか確認することがあります。
今回はそんな、海外旅行前にエポスカードの、どんなポイントを確認する必要があるのかを紹介していきます!

このページで分かること!

このページでは、海外旅行前のエポスカードの利用設定・確認事項を紹介していきます。
既にエポスカードの発行処理が完了している、という前提でお話を進めますので、まだ発行していない場合は、【こちら】のページからエポスカードの発行処理を行いましょう。

  • エポスカードの基本的な利用設定
  • エポスカード関連で、海外旅行前にどんな確認が必要なのか?

スポンサーリンク

エポスカードで海外旅行前に必要な6つの手続きとは

エポスカードは海外旅行でとてもお得なクレジットカードですが、旅行に行く前にいくつか確認・対応しておくべきことがあります。

  1. 【※カード発行直後】エポスネットへの登録
  2. 【※カード発行直後】エポスカードの支払い方法を銀行引落としに変更
  3. エポスカードの旅行優待情報を確認
  4. 【超大切!】海外旅行ハンドブック、海外旅行傷害保険のしおりを取り寄せる
  5. 【要注意】カード暗証番号を覚えてる?忘れてたら確認を
  6. 海外キャッシング利用に必要なキャッシング枠は大丈夫?必要なら増枠申請を

一つずつ確認していきましょう。

1.【※カード発行直後】エポスネットへの登録

まず何より先にする必要があるのは、エポス会員ページ(エポスNet)への登録です。
エポスNetに登録しないと、エポスカードを利用する上では非常に不便なので、必ず登録するようにしましょう

▲エポス公式が出しているエポスNetへの登録方法

こちら】のページ上部にある、「エポスNetご登録」という部分から登録を進めることができます。

ネコ先生
エポスNetから、様々な処理ができるから、この登録は必ず終わらせるようにしよう。

2.【※カード発行直後】エポスカードの支払い方法を銀行引落としに変更

続いて行う必要があるのが、「エポスカードの支払いを銀行引落し」にすることです。
エポスカードの場合、ATMやネットバンキング支払いのペイジーなどでも引き落としができますが、基本的には銀行引き落としが一番楽でしょう。

ネコ先生
銀行引落しの登録はちょっと面倒だけど、とても大切だから必ず行うようにしよう!

銀行引落し設定は、※マイページから行うことができます。
※エポスカード発行申請をした直後に送付されるメールからでも引落とし設定はできます。

▲まず、エポス会員ページメニュー右上に「ご登録情報」という部分があるのでクリックします。

▲各種ご登録という項目の中に「口座振替Net手続きサービスの登録・変更」という部分をクリックします。

▲次のページでは、口座振替に利用できる金融機関(三菱UFJ銀行など)や、毎月の支払い日の選択をすることができます。
エポスの場合、27日と4日のどちらかを選択できます。
これは好みで選んで問題ありません。

▲処理を進めていくと、口座振替に使う金融機関の選択画面に移ります。
画面では、5つの銀行しか載っていませんが、他の銀行も選択できます。

▲三菱UFJ銀行を選択した場合は、上記のような画面に移ります。
これはどこの銀行でも同じでしょうが、店番号と口座番号を入力します。

▲登録を進めていくと、銀行ページでの処理が必要になります。
ほとんどは規約確認などですが、本人認証の意味合いから、ワンタイムパスワードなどの入力も必要になります。

▲ワンタイムパスワードの入力などを終えて、口座振替手続が完了すると、上記のような画面+確認メールが送付されます。
後は、会社側で登録作業などが行われるのを待つだけです。

▲2日後に、エポスから口座振替手続登録が完了した旨のメールが送られてきました。
これでエポスカード利用分が、自動的に銀行から引き落とされるようになりました。

3.エポスカードの旅行優待情報を確認

エポスカードは海外旅行に関する優待サービス特典は豊富にあります。
海外トラベルサービスの優待特典については【こちら】から確認できます。

▲海外旅行の際に使える特典が一覧形式で載っているので、自分に有利になる特典がないか確認すると良いでしょう。
使いやすい特典としては、海外おみやげ20%OFFや、旅行先での優待特典(ハワイ・台湾・韓国など)があります。

ハリネズミくん
特典は使いやすいものもあるから、気軽に見てみると良いよ!

4.【超大切!】海外旅行ハンドブック、海外旅行傷害保険のしおりを取り寄せる

海外旅行中にトラブルが起きた場合の「海外旅行ハンドブック」や、海外で医療サービスを受ける場合に必要な連絡先などが書いてある「海外旅行保険のしおり」をエポスカードから取寄せましょう。
この処理を行うのが、エポスカードに関する海外旅行準備で最も大切です

先ほど同様、エポスの【海外トラベルサービス情報ページ】にアクセスします。

▲画面の「資料請求はこちら」をクリックします。

▲資料請求画面で、「海外旅行に関する資料」という項目があるので、これをクリックします。

▲どの資料を請求するか選べる画面になるので、「エポスカード海外旅行ハンドブック」、「エポスカード海外旅行傷害保険ご利用のしおり」にチェックを入れます。
ゴールドカードやプラチナカードをお持ちの方は、それぞれ該当のしおりにチェックをしましょう。

チェックが済んだら、画面下にある「資料請求する」を押して進んでいけば、海外旅行ハンドブックなどの資料請求が完了となります。

ネコ先生
この2つの資料はとっても大切なものだから、海外旅行や留学に行く場合は、必ず取寄せて旅行先にも持って行こう!
万が一現地でトラブルが起きた場合は、しおりに書いてある対処法を読んで、対処すれば大丈夫だよ

5.【要注意】カード暗証番号を覚えてる?忘れてたら確認を

海外でキャッシングやショッピングにエポスカードを利用する場合、決済時に4ケタの暗証番号を入力する必要があります。
この暗証番号はエポスに申し込む際に自身で決めたものです。

もしこの暗証番号を忘れてしまっているようだと、決済やキャッシングに使用することができないので、暗証番号を会社に確認しておく必要があります。
エポス暗証番号は※【こちら】から確認することができます。
※ログイン先が暗証番号通知ページになっています。

▲「申し込む」をクリックすれば、受付が完了します。
1週間ほどでエポスカードに登録してある自宅住所へ、本人限定受取り郵便で暗証番号が届けられます。

ネコ先生
暗証番号は、海外キャッシングなどで必要になるので、忘れてしまっている場合は、必ず確認しておくようにしよう。

6.海外キャッシング利用に必要なキャッシング枠は大丈夫?必要なら増枠申請を

エポスカードはあるものの、海外ATMでキャッシングをする際に必要な「キャッシング限度枠」がないという場合や、少ないと感じる場合は、※キャッシング限度枠増加を申し込むことができます
※キャッシング限度枠増加申請が通るかは審査次第になります。

まず、【キャッシングご利用可能枠設定・増額サービス】ページへアクセスします。

▲こちらのページ下部に、「キャッシングご利用可能枠設定・増額サービスのお申し込み」というボタンがあるので、クリックして手続きを進めます。
審査に通れば限度枠が増えますし、通らなければ限度枠は増えません。

ショッピング枠増加申請はこちらから

海外旅行に向けて、キャッシングではなく、ショッピング枠の一時増額をしたい場合は【こちら】から申請できます。
ショッピング枠は一時的な増枠申請ができるので、こちらの方が申請自体は通りやすいです。

まとめ:エポスカードを持って楽しい海外旅行を

まとめると、エポスカードを持って海外旅行する場合、事前に以下の4つの処理が特に重要です。(基本設定2つを除く)

  1. エポスカードの海外旅行者向け優待特典の確認
  2. エポスカードの「海外旅行者向けハンドブック」と「海外旅行保険のしおり」を取り寄せる
    これが一番大切。必ず旅行先にも持って行こう
  3. カードの暗証番号を忘れている場合は、確認を
    ⇒4ケタの暗証番号を忘れてたら、一部ショッピングやキャッシングで使えないです。
  4. カード利用枠が足りない場合は、増枠申請を
ネコ先生
特に「旅行のハンドブック」と「旅行保険のしおり」はとても大切だから、必ず余裕を持って申し込むようにしよう。
資料到着までは大体、1週間ほどかかるよ。

>>次のページは
エポスカードを使って海外キャッシングする方法(クレカ共通)

スポンサーリンク








まだ空港で両替してるの?

外貨両替に無駄な手数料をかけるのはもうやめませんか?
このページには、外貨両替手数料を10,000円以上節約する方法が書いてあります
せっかくの旅行、絞れるところはしぼって、浮いたお金でプチ贅沢をしましょう!



海外旅行保険を無料に!?

1週間で4,000円、1カ月で17,000円。
海外旅行保険は確かに大切ですが、これだけの金額をかけるのは馬鹿らしくありませんか?
海外旅行保険付きのクレカを発行すれば、保険料を無料にすることができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です