JALグローバルウォレットのメリット・デメリット!使い方も解説!

日本航空(通称:JAL)の発行する海外プリペイドカード「JALグローバルウォレット」が、2018年11月29日から開始しました。
JALグローバルウォレットがあれば、海外ATMからお金を引き出すこともできますし、更に使っているだけでJALマイルも貯められます
今回はそんなJALグローバルウォレットの特徴などについて解説していきます!

このページで分かること!

  • JALグローバルウォレットはこんなカード
  • JALグローバルウォレットの作り方や使い方
  • JALグローバルウォレットっておすすめのカードなの?
海外プリペイドカードおすすめランキング!

6つある海外プリペイドカードを徹底比較しました。
比較で分かった一番おすすめの海外プリペイドカードはこれだ!

海外プリペイドカード6つを比較して分かった1番おすすめはこれだ!

2019.02.18

スポンサーリンク

JAL GLOBAL WALLETの特徴

▲JAL Global Walletカード

JALグローバルウォレットをより便利に使うための、住信SBIネット銀行口座開設は以下からどうぞ。

JAL Global Walletは海外トラベルプリペイドカードです。
他のトラベルカードと同じように、海外のATMで現地通貨を引き出したり、マスターカード加盟店で支払いに使うことなどができます

そんなJALグローバルウォレットの一番の特徴は、「使用していくとマイルが貯まること」です。
他の海外プリペイドカードにはマイルが付与されるものはないため、これは大きなメリットと言えます。

一方、デメリットは「住信SBIネット銀行経由でないとチャージ手数料が高いこと」です。
まずはこういったメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

JALグローバルウォレットのメリット・特典

JAL GLOBAL WALLETのメリット・特典は以下になります。

  • 海外ATMで現地通貨が下ろせる!
  • 海外のMASTERCARD加盟店での支払いに使える
  • カード使用でマイルが貯まる
  • 国内でも使える
  • ネット決済に対応
  • タッチ決済機能に対応
  • 審査なしで発行できる
  • セキュリティ面が強い
  • 14の通貨を個別チャージすればお得!

一つずつ見ていきましょう!

海外ATMで現地通貨が下ろせる!

JALグローバルウォレットは日本で事前にチャージをしておけば、海外にあるATMで現地のお金を下ろすことができます。
現地でこまめにお金を下ろすことができるので、現金を盗まれた場合のリスクが減ります!
カード自体にも不正利用補償がついているので、セキュリティもGOODです!

海外のMASTERCARD加盟店での支払いに使える

クレジットカードを支払いに使える店であれば、たいていMasterCardは対応しています。
そのため、クレジット決済対応の店であれば、基本的にはJALグローバルウォレットで支払うことができます

ネコ先生
支払いの際に分割払いは出来ないから、その点は注意が必要だね。

カード使用でマイルが貯まる

JALグローバルウォレットの目玉特典です!
JALが出している海外プリペイドカードと言うこともあり、マイルを貯めることができます。

具体的には「国内ショッピング」「海外ショッピング」、もしくは「円→外貨の外貨両替」を200円分行うごとに、1マイルが貯まります
普段からJALマイルを貯めている人にとって、これほど嬉しい海外プリペイドカードはありませんね!

ハリネズミくん
ねっ!閃いてしまったんだけど、JALカードでお金のチャージを行えば、2重でマイル付与を貰うことができるんじゃないの??
ネコ先生
よく気付いたね!でも、残念ながらクレジットカードでのチャージはマイルの付与対象外だから、マイルの2重付与は事実上できないんだ
ハリネズミくん
うーむ、残念!

国内でも使える

海外プリペイドカードの中には海外でしか使えないものもありますが、JALグローバルウォレットは国内でもショッピング支払いに利用することができます。
ただ、国内のATMを利用することはできないので、その点は注意が必要です。

ネット決済に対応

JALグローバルウォレットはネット決済に対応しています。
留学や海外旅行中、ネット上での支払いが必要な時でも、問題なく支払いに使うことができます。

ネコ先生
ネット決済があると、海外留学や海外旅行時に、現地の通販サービスや高速バス予約ができるからかなり便利だよ
ハリネズミくん
なるほど!特に留学中は心強そうだね!

タッチ決済機能に対応

JALグローバルウォレットはタッチ決済に対応しています。
日本ではクレジットのタッチ決済に対応している店は多くないですが、海外ではタッチ決済が可能な店も日本以上にあるため、便利な機能といえますね

タッチ決済だと、スキミングの危険性もグッと減るので、使える店は積極的に利用していきたいところです。

15歳以上なら、審査なしで発行できる

JALグローバルウォレットは15歳以上であれば、審査なしで発行することができます。
一応「JALマイレージバンク会員である」ことが発行資格になっていますが、JALマイレージバンクは誰でも加入できるので、事実上15歳以上であれば誰でも作ることができます。

クレジットのように厳しい発行審査がないため、JALクレジットの発行審査に通らなかった方でも、こちらであれば発行できる可能性大です
発行審査がないという点は、デビットカードとも近いと言えますね。

何が違う?国際デビットカードと海外プリペイドカードを徹底比較!

2018.09.02

不正利用対策がしっかりしている

JALグローバルウォレットは類似の海外プリペイドカードと比べても、「不正利用対策」がかなりしっかりしているカードと言えます
それは以下の3つの機能があるからです。

  • ICチップ搭載
  • 不正利用補償(盗難・偽造補償)あり
  • カード利用ON/OFF切り替え

★ICチップ搭載

ICチップがカードについていることで、スキミングなどのカード犯罪対策がしっかりしています!

★不正利用補償(盗難・偽造補償)あり

JALグローバルウォレットには不正利用補償が付いています
万が一盗まれて使用されたり、偽造されて使用された場合でも、年間10万円を上限とした金額補償があります

★カード利用ON/OFF切り替え

引用:JALグローバルウォレット

JALグローバルウォレットマイページ内で、カード利用のON/OFFを簡単に操作できます。
使う時はONにすれば良いですし、使わない時はOFFにしておけば安心です
カード利用OFFの状態では使えないので、偽造カードなどによる不正利用を防ぐのには持ってこいです。

ハリネズミくん
これだけセキュリティが整っていると、かなり安心できるね!
ネコ先生
そうだね。なによりも不正利用補償があるから、万が一のことがあっても返金処理があるのが心強いね。
ただ、不正利用補償の年間補償額は10万円までだから、その点は注意する必要があるよ。

14の通貨を個別チャージすればお得!

JALグローバルウォレットは、日本円のほかに14の通貨を個別にチャージすることができます。
※それ以外の通貨も引き出しはできますが、マスターカードのレート+4%の手数料がかかり、一般的な海外プリペイドカードのレートと同じになります。

14の通貨とは以下の通貨を指します。

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル
  • カナダドル
  • スイスフラン
  • 香港ドル
  • タイバーツ
  • シンガポールドル
  • マレーシアリンギット
  • 中国元
  • 台湾ドル
  • 韓国ウォン

チャージしてある日本円を、マイページから外貨両替処理をすることで、14の通貨を個別にチャージできます
ちなみに、チャージした日本円を他の通貨に移動させる際に使用されるのが、SBIリクイディテイマーケットという会社の通貨交換率です。
この会社のレートに、下記の%を上乗せした率で外貨両替が行われます。

引用:JALグローバルウォレット( 資金決済法に基づく表示)

ただ、イマイチ分からなかったので、実際にJALグローバルウォレットを契約してみました。

▲管理人のJALグローバルウォレットマイページ(両替処理の確認画面)

外貨両替レート(手数料)を試算してみたところ、他の海外プリペイドカード外貨両替手数料と比べて14の外貨チャージは「かなりお得」だということがわかりました

ハリネズミくん
結論としては、14の通貨チャージはかなりお得、それ以外は一般的な海外プリペイドカードと平均的な手数料って考えで合ってる?
ネコ先生
その通り!
ちなみに、JALグローバルウォレットと、他カードとの実際の両替レート・手数料比較に関しては、こちらのページから確認できるよ。

海外プリペイドカード6つを比較して分かった1番おすすめはこれだ!

2019.02.18

JALグローバルウォレットのデメリット・注意点

続いてJAL GLOBAL WALLETのデメリットを見ていきましょう。

  • ほとんどの手順でチャージ手数料が発生する
  • JALクレジットカードからの2重マイル獲得は不可
  • 一部利用できない店舗あり

一つずつ見ていきましょう!

ほとんどの手順でチャージ手数料が発生する

JALグローバルウォレットのチャージ手数料は以下のようになっています。

  • 銀行振込:200円/件
  • ネットバンクチャージ:200円/件
  • 住信SBIネット銀行振替チャージ:無料
  • クレジットカードチャージ:基本チャージ額の0.324%

このように、ほとんどのチャージで、200円程度の手数料が発生します
チャージ手数料無料にするには、住信SBIネット銀行の口座を開設してチャージしましょう。

また、海外ATM使用時も200円程度の手数料が必ず発生するので、その点も事前に理解しておく必要があります。

JALクレジットカードチャージによる2重マイル獲得は不可

クレジット経由でのチャージはマイル対象外です。
そのため、JALクレジットカードからJALグローバルウォレットにチャージすることで、2重マイルを得るのは不可能です。

一部利用できない店舗あり

海外プリペイドカードはどのカードも同じですが、一部利用できない店舗があります。

  • レンタカー利用などデポジット(支払い保証)を目的としたご利用
  • 公共料金支払いや携帯電話の契約など、継続利用を前提としたお支払い
  • 航空機や船舶などでの機内販売
  • ガソリンスタンドでの利用

こういった一部の店舗では、海外プリペイドカードは使用できないので注意しましょう

JALグローバルウォレットとキャッシュパスポートの比較

JALグローバルウォレットと同様のサービスを運営している、マルチカレンシーキャッシュパスポートとの比較を見ていきましょう!

カード名 マルチカレンシー
キャッシュパスポート
JALグローバルウォレット
デザイン 
国際ブランド MasterCard
(マスターカード)
MasterCard
(マスターカード)
海外ATM
利用手数料
4%+200円
※8通貨に限って、0%+200円
4%+200円
※14通貨に限って0%+200円
海外ショッピング
利用手数料
4%
※8通貨に限って、0%
4%
※14通貨に限って、0%
チャージ
手数料
1% 住信SBIネット銀行利用で無料
それ以外は200円/件など
セキュリティ ICチップ搭載
モニタリング(使用状況確認)
不正利用補償あり

ICチップ搭載
カードON/OFF簡単切り替え
不正利用補償あり
※年間10万円まで
サービス・特典
スペアカード1枚無料
200円ごとにTポイント
1ポイントが貯まる
国内利用可能
200円利用or両替ごとに
1マイル貯まる
サポート体制 24時間365日日本語対応コールセンター
電話越しの簡易通訳サービス
提携店での現金手配サービス
紛失・盗難連絡は
24時間365日対応
入会金 無料 無料
年会費 無料
※1年以上不使用の場合、毎月150円
無料
出勤手数料(清算) 500円 500円
公式HP キャッシュパスポートHP JALGLOBALWALLET・HP

※JALグローバルウォレットの14通貨とは「米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、タイバーツ、シンガポールドル、マレーシアリンギット、中国元、台湾ドル、韓国ウォン」のこと
※キャッシュパスポートの8通貨とは、「米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル」のこと

海外プリペイドカードの比較で特に大切なのは、以下の3点になります。

  • 外貨両替手数料
  • セキュリティ
  • サポート体制

【外貨両替手数料】
JALグローバルウォレットの方が安いと言えます。
ただ、それほど大きな手数料の違いはありません。

【セキュリティ】
どちらも高いセキュリティ体制を持っていると言えます
不正利用補償がどちらにもついているため、最悪盗難や偽装カードによって不正利用されても※補償が出ます。
※JALグローバルウォレットの不正利用補償額は、年間10万円までなので、その点は注意が必要。

【サポート体制】
サポート体制はキャッシュパスポートの方が上と言えるでしょう
24時間365日対応のコールセンターはどちらも同じですが、キャッシュパスポートはスペアカードの無料付随、電話越しの簡単通訳サービスなど、様々なサポート体制が整っています。

ハリネズミくん
総合してみると、どっちの方がお得なの?
ネコ先生
うーん難しいところだね。手数料やマイル特典重視ならJALグローバルウォレットの方が良いし、サポート体制やスペアカードが魅力的に考えられるならキャッシュパスポートかな
ハリネズミくん
なるほど、そしたらどっちがおすすめかは人によるってことか。

キャッシュパスポートは海外旅行や留学生におすすめ!メリット・デメリットを徹底公開!

2018.10.10

海外プリペイドカード6つを比較して分かった1番おすすめはこれだ!

2019.02.18

JALグローバルウォレットの作り方~使い方

ここからは実際にJALグローバルウォレットの発行~使い方までを紹介していきます。
JALグローバルウォレットの発行~使い方は大きく分けると、以下の5手順になります。

  1. カードの発行
  2. 本人確認書類+マイナンバー確認書類の画像データ提出
  3. カードに日本円をチャージする
  4. チャージした日本円を外貨に両替する
  5. 現地で使う

このように、大して難しいことはありません。
より細かく一つずつ見ていきましょう。

1.カードの発行

カードは申込みページから作ります。


JALグローバルウォレットは既にJALマイル会員に登録している人と、そうでない人で申し込みの方法が違います。

★JALマイレージ会員に登録済みの場合

JAL会員に登録済みの方は、JAL会員ページから申込み処理を行います。
JAL会員ページは「こちら」からどうぞ。

★JALマイレージ会員に未登録の場合

JALマイル会員に未登録の場合は、マイル会員に登録した後に、JALグローバルウォレットを発行する必要があります。
JALマイル会員登録は「こちら」からできます。

2.本人確認書類+マイナンバー確認書類の画像データ提出

発行申請から10日ほどでカードが住所に届きます。
まだこの段階ではカードは使用できません。
カードの利用登録を行い、その後本人確認を行う必要があります

パスポートなどの本人確認書類と、マイナンバーカードなどのマイナンバー確認書類をアップロードして、JALグローバルウォレットが確認後、初めてカードが使用できるようになります
この処理を行わないと海外ATMから現金引き出しを行うことなどはできないので、なるべく早めに処理しておきましょう。

3.カードに日本円をチャージする

確認処理が終わったら、JALグローバルウォレットに日本円をチャージします。
チャージ方法は銀行振込やクレジットカード入金などもありますが、手数料無料なのは住信SBIネット銀行からの入金のみです。
住信SBIネット銀行の口座を開設したい場合は、下記ページからどうぞ。

住信SBIネット銀行は普段使いとしても、コンビニATM手数料が複数回無料だったり、振込手数料無料特典など、かなり優秀な銀行口座です。
より詳しく知りたい方は【こちら】からチェックしてみてください。

4.チャージした日本円を外貨に両替する

JALグローバルウォレットを使って、14通貨のいずれかを引き出す予定なら、チャージした日本円を外貨に変換しておきましょう
※14通貨とは「米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、タイバーツ、シンガポールドル、マレーシアリンギット、中国元、台湾ドル、韓国ウォン」のこと
通貨変換処理は「マイページ」からできます。

14通貨以外を引き出す予定であれば、日本円チャージだけで大丈夫です。
その場合は、海外ATM利用時に自動的に日本円から外貨両替が行われます。

5.現地で使う

あとはJALグローバルウォレットを現地で使うだけです。
事前にチャージしておけば、海外ATMでお金を引き出したり、ショッピング支払いに使うことができます
海外ATM利用の出金方法などについて詳しく知りたい方は、「こちら」を参考にどうぞ。

【海外ATMの使い方】クレジットカード&国際キャッシュカードの利用手順を紹介!

2019.07.03

JALグローバルウォレットの口コミ・評判

最後にJALグローバルウォレットの口コミや評判を見ていきましょう。
以下、ツイッターよりピックアップしています。

ツイッターでの口コミ・評判

ハリネズミくん
概ね評判は良さそうだね!
やっぱり使っている人は、「マイル貯める勢」の人たちって感じだね。
ネコ先生
そうだね。やっぱり他の海外プリペイドカードでは貯められないマイルが貯まっていくのが一番の魅力だよ。
ちなみに、口コミでは、レートが良い・悪いの二つの意見どちらも見られるけど、比較した限りでは「個別チャージできる15通貨であれば、それなりに良い位」と言えるね。
ネコ先生
詳しく気になる人は【こちらのページ】から、実際の比較表を見てみてね。

海外プリペイドカード6つを比較して分かった1番おすすめはこれだ!

2019.02.18

まとめ:結局JALグローバルウォレットはおすすめなの?

JALグローバルウォレットは、JALマイルを貯められる唯一の海外プリペイドカードです。
もしJALマイルを貯めながら、海外プリペイドカードを使いたいというのであれば、おすすめのカードと言えます。
また、クレジットカードの審査が通らない方でも発行できるため、そういった場合の海外旅行用カードとしてもアリでしょう。

JALグローバルウォレットをより便利に使うための、住信SBIネット銀行口座開設は以下からどうぞ。
海外プリペイドカードおすすめランキング!

6つある海外プリペイドカードを徹底比較しました。
比較で分かった一番おすすめの海外プリペイドカードはこれだ!

海外プリペイドカード6つを比較して分かった1番おすすめはこれだ!

2019.02.18

スポンサーリンク








まだ銀行で両替してるの?

外貨宅配サービスを使えば、銀行で両替するよりも遥かにお得なレートで外貨を入手することができます
ネット上からいつでも簡単に、外貨の宅配を注文することができます。
お得で便利な外貨宅配と、コストのかかる銀行両替、あなたはどっちを選びますか?



現地でお金を下ろしたい人には

海外プリペイドカードは外貨両替を現地で簡単に行えるカードです。
更に海外プリペイドカードを活用することで、銀行両替と比べて、両替手数料がお得になる可能性大です!
徹底比較で分かったおすすめの海外プリペイドカードを見てみませんか?



デビットカードなしの海外旅行・留学は時代遅れ!?

デビットカード一枚あれば、海外旅行や留学中にATMで現地通貨を引き出すことができます
もちろん外貨両替手数料は銀行よりも良い傾向にあります。
機能と実績を併せ持つデビットカードを見てみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です