キャッシュパスポートは海外旅行や留学生におすすめ!メリット・デメリットを徹底公開!

海外旅行や留学先で気になるのが、「現地のお金をどうやって手に入れるか?」ということですよね。
日本で両替をするのはレートが悪いと言われているし、現地まで日本円を持っていって両替をするのは、まどろっこしいものです。

そんな場合におすすめなのが、海外プリペイドカードを使って、現地のATMからお金を引き出す方法です。
今回は海外プリペイドの一つであるキャッシュパスポートの詳細について紹介していきます!

これから海外旅行や留学を予定している方には参考になると思うので、是非読んでいってください。

このページで分かること!

  • キャッシュパスポートはこんなカード
  • キャッシュパスポートの作り方や使い方
  • キャッシュパスポートっておすすめのカードなの?
最もお得な外貨両替ランキング!

6つある海外プリペイドカードを徹底比較しました。
比較で分かった一番おすすめの海外プリペイドカードはこれだ!

海外プリペイドカード6つを比較して分かった1番おすすめはこれだ!

2019.02.18

海外プリペイドカードだけでなく、他の外貨両替方法も含めて徹底比較しました。
「結局のところ何が一番お得なの?」という方はこちらをどうぞ。

全20種の外貨両替手数料+レートを徹底比較!最も安い方法はこれだ!

2019.09.10

スポンサーリンク

目次

キャッシュパスポートの特徴

▲2019年8月:カードデザイン変更

キャッシュパスポートは海外専用プリペイドカードの一つです。
海外プリペイドカードということで、海外ATMで現金を引き出したり、マスターカード加盟店での支払に使用することができます

これから留学予定の学生さんや、海外旅行に行かれる方にはうってつけの1枚です。
クレジットカードのように、発行審査や年齢制限もないため、誰でも簡単に作ることができます

ハリネズミくん
なんだか便利そう!
それに誰でも作れるって言うのは嬉しいね!

キャッシュパスポートは、海外専用プリペイドカードとしては、現在トップの使用率を誇るカードです。
その人気の秘密は「安全性」や「サポート面」にあります

申込みをすると、オリジナルカードとは別にもう一枚無料でスペアカードが付属してきます
現地でカードを紛失したり、盗難にあったりしてもスペアカードを使ってお金を引き出すことができます

他にも24時間365日の日本語電話対応、不正利用補償などなど、他の海外プリペイドカードにはない様々なサポート態勢がキャッシュパスポートにはあるのです

ハリネズミくん
それは確かにすごいね!
でもさ、サポート面が優れてるってことは、その分手数料とかが高いんじゃないの?
ネコ先生
意外かもしれないけど、そんなことないんだ。
キャッシュパスポートは他の海外プリペイドカードと比べても、かなり手数料が安いんだよ

詳しくは「後述」しますが、キャッシュパスポートは指定8カ国の通貨に関しては、割安で現金引き出しを行うことができます。(それ以外の通貨は他のカードと同程度の手数料)

ハリネズミくん
なんか良いところしか見えなくて怖いな。
ネコ先生
もちろんデメリットもあるから、改めてキャッシュパスポートのメリット・デメリットを紹介していくね。

キャッシュパスポートのメリット・特典

キャッシュパスポートのメリット・特典は以下になります。

  • 海外ATMで現地通貨が下ろせるから楽!
  • MasterCard加盟店での支払いに使える
  • 海外サイトでオンラインショッピングができる
  • 他のプリペイドにはないマルチカレンシー機能がある
  • スペアカードが1枚無料で付いてくる
  • 不正利用対策がしっかりしている
  • サポート体制がとにかくすごい!
  • 審査なし!年齢制限なし!で発行できる

一つずつ見ていきましょう!

海外ATMで現地通貨が下ろせるから楽!

「マスターカードマーク」か「シーラスマーク」がついている海外ATMであれば、現地通貨を引き出すことができます。

▲マスターカードマーク、シーラスマークです。

現地通貨を引き出せるのは、海外プリペイドカードの最も重要な機能ですね。
海外旅行や留学中に現地ATMを利用すれば、両替所を探したり、多額の現金を持ち歩く必要がなくなります

MasterCard加盟店での支払いに使える

海外旅行中、マスターカード加盟店であれば、商品やサービスの支払いに充てることができます。
クレジットカードと同じような感じで使用できます。

海外サイトでオンラインショッピングができる

キャッシュパスポートは海外のサイトであれば、ネットショッピングに使えます。
留学中なんかは、現地通販サイトやチケット購入をオンラインでするシーンもありますが、そういった際も不自由なく利用できます

他のプリペイドにはないマルチカレンシー機能がある

キャッシュパスポートは正式名称を「マルチカレンシーキャッシュパスポート」と言います。
この「マルチカレンシー」とは、複数の国の通貨を1つのカードにチャージできる機能のことです。

▲引用:キャッシュパスポート公式HP

ハリネズミくん
ごめん。何言ってるのかサッパリですわ。
ネコ先生
もうちょい噛み砕いて説明するね!

★マルチカレンシー機能とは?

まず「マルチカレンシー機能があるとどうなるのか?」ということですが、この機能があると、上記8つの通貨を引き出す際は独自レートで両替をすることになり、結果的に手数料が若干お得になります

マルチカレンシー機能のない海外プリペイドカードと、キャッシュパスポートで発生する手数料の違いを見ていきましょう!
まずは一般的な(マルチカレンシー機能のない)海外プリペイドカードは以下のようになっています。

ハリネズミくん
お金を引き出す時に手数料がかかってるね。
ネコ先生
基本的には出金額の4%と海外ATM使用手数料が200円かかるよ。

続いて、キャッシュパスポート(マルチカレンシー機能あり)を見ていきましょう。

ハリネズミくん
あれ?キャッシュパスポートは入金先(口座)によって、手数料が違うね。
ネコ先生
そう。これがマルチカレンシーのメリットなんだ。
ネコ先生
指定の8つの通貨に関しては、その通貨用の口座へ入金をしておけば、手数料はチャージ時の1%とATM利用手数料の200円(+独自レートでの手数料)しかかからないんだ。
あとは両替レートは独自レートを使用することになるよ。
ハリネズミくん
ということは、アメリカ旅行へ行く場合は、あらかじめ米ドル口座にチャージすれば手数料もお得ってこと?
ネコ先生
その通り!
ネコ先生
ちなみに韓国やタイなど、専用の通貨口座がない国へ行く場合は、日本円口座へチャージしておけば普通の海外プリペイドのように使用できるよ。

スペアカードが1枚無料で付いてくる

ハリネズミくん
スペアカードって言うほど必要かな?

スペアカードがあることで、万が一オリジナルカードを紛失してしまった場合でも、スペアカードを使ってお金を引き出したりすることができます
※もちろん不正利用されないように、会社に連絡して、オリジナルカードにはロックをかけてもらいましょう。
他の海外プリペイドカードだと、旅行中に盗まれたり、なくしたら、その旅行中は一切カードを使うことができませんが、キャッシュパスポートなら引続き使えるのです

ネコ先生
スペアカードがあれば、紛失・盗難後でも問題なく海外旅行を続けられるから安心なんだ!

不正利用対策がしっかりしている

キャッシュパスポートは類似の海外プリペイドカードと比べても、最も「不正利用対策」がしっかりしているカードと言って過言ではありません
それは以下の3つの機能があるからです。

  • ICチップ搭載
  • 不正利用補償(盗難・偽造補償)あり
  • 不正利用モニタリング

★ICチップ搭載

ICチップがカードについていることで、スキミングなどのカード犯罪対策がしっかりしています!

★不正利用補償(盗難・偽造補償)あり

キャッシュパスポートには不正利用補償が付いています
万が一盗まれて使用されたり、偽造されて使用された場合でも、使用された分の金額補償があります

★不正利用モニタリング

カードショッピングなどでおかしな点がないか、会社によるチェックがされています。
利用動向がおかしい場合などは、会社によって一時停止状態にすることがあります。
※本人利用確認が取れればすぐに解除できます。

ハリネズミくん
こうしてみると、かなり厳重な不正利用対策がされているんだね。
ネコ先生
そうだね。
特に不正利用補償があるから、ある意味現金より安全かもしれないね。

サポート体制がとにかくすごい!

キャッシュパスポートはセキュリティ面だけなく、サポート体制もとても優れています。

  • 24時間365日電話対応(日本語)
  • 電話越しの簡易通訳サービス
  • 緊急時現金宅配サービスがある

★24時間365日電話対応(日本語)

キャッシュパスポートはいつでもどこからでも、日本語対応スタッフへ電話をかけることができます。
何か気になることがあったら、すぐに日本語で連絡を取ることができます。

★電話越しの簡易通訳サービス

キャッシュパスポートスタッフへ海外から電話をかけている際に、電話越しに簡易的な通訳をしてくれるサービスがあります。
ホテルスタッフなどと、英語での意思疎通がうまくいかず、困っている時に使うことができます

★現金手配(宅配)サービスがある

海外でオリジナルカード・スペアカード共に紛失してしまった場合、残高(現金)の一部を1回のみ手渡しで運んできてもらうことができます
手配先は近くのウエスタンユニオン加盟店(主に両替店)となっております。
※マスターカード加盟店ではありません。

もちろん大金は無理ですが、万が一オリジナル・スペアカード共に盗まれてしまった場合などでも、一時的なお金を手配してもらうことはできます。
とても心遣いのあるサポートと言えますね!

ハリネズミくん
キャッシュパスポートかなり凄いね!
ネコ先生
そうだね。
24時間日本語電話対応、緊急時の現金手配・簡易通訳など、クレジットカードもびっくりのサポート体制になってるよ。

審査なし!年齢制限なし!で発行できる

なんとキャッシュパスポートは審査や年齢制限一切なしで、発行することができます。
クレジットカードの多くは発行審査があるので、学生だったり、人によっては作ることが出来なかったりします。
キャッシュパスポートはあくまでプリペイドカードなので、誰でも簡単に作ることができます

キャッシュパスポートのデメリット

続いて、キャッシュパスポートのデメリットを見ていきましょう

  • 海外でしか利用できない
  • 利用確認メール機能がない
  • 1年間使用がないと、口座維持手数料が毎月150円かかる
  • 海外旅行傷害保険はついていない
  • チャージしてある金額以上は使えない

海外でしか利用できない

キャッシュパスポートは、海外利用専用のプリペイドカードです。
残念ながら日本では一切利用できません
これは「楽天」や「日本版アマゾン」など、日本の通販サイトでも同様です。
※日本ではお金の清算はできますが、500円手数料がかかります。

利用確認メール機能がない

海外プリペイドカードによっては、海外ATMやショッピング支払の度に「出金のお知らせ」等のメールが来るものもあります。
キャッシュパスポートはセキュリティこそしっかりしていますが、こういった利用確認メールは来ません

1年間使用がないと、口座維持手数料が毎月150円かかる

キャッシュパスポートは出金や入金が1年間ないと、その次の月から毎月150円の口座維持手数料がかかります。
口座維持手数料はカードの残高から引かれていきますが、残高がなければかからないので、長い期間使う予定がない場合は一度精算するようにしましょう。

海外旅行傷害保険はついていない

クレジットカードは種類によっては、海外で使用したり、持っているだけで「海外旅行傷害保険」が付いてくるものがあります。

ハリネズミくん
海外旅行傷害保険って何?
ネコ先生
海外で事故を起こした時にかかる治療費の保険なんかのことだよ
海外では日本の保険は効かないから、旅行の際は海外旅行保険に加入するのが一般的だよ。

キャッシュパスポートには、海外旅行傷害保険はついていないため、別で加入する必要があります

【データから見る海外旅行保険の必要性】300万円超えの請求は何%?

2019.08.06

チャージしてある金額以上は使えない

キャッシュパスポートはあくまでプリペイドカードなので、チャージしてある金額以上は使用できません。
デメリットでもありますが、使いすぎを防ぐという意味では、メリットにもなり得ますね
こういった点はデビット(国際キャッシュ)カードと似ていますね。

何が違う?国際デビットカードと海外プリペイドカードを徹底比較!

2018.09.02

キャッシュパスポートの作り方・使い方

ハリネズミくん
カードの特徴はあらかた分かったけど、具体的にはどうやって使えばいいの?
ネコ先生
キャッシュパスポートのような海外プリペイドカードの使い方はシンプルだよ。

キャッシュパスポートの使い方は大きく分けると、以下の4手順になります。

  1. カードの発行
  2. 個人番号(マイナンバー)に関する書類の提出
  3. カードにお金をチャージする(振込)
  4. 現地で使う

大して難しいことはありません。
一つずつ見ていきましょう。

1.カードの発行

まずはカードの発行をします。
カード発行は以下からできます。

※留学で使う場合など、本人以外からの入金が想定される場合は、申込の際、最後に表示される「本人以外からの入金」処理も行っておくと後が楽になります。

2.個人番号(マイナンバー)に関する書類の提出

キャッシュパスポート使用には、マイナンバーが分かる書類のコピーを提出する必要があります。
※他の海外プリペイドカードも同じです。

カードが家に届くタイミングで、返信用封筒も入っているので、その中にコピーを入れて送りましょう。
マイナンバーが分かるのは下記3つのいずれかです。

  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバーカード
  • 住民票

引用:キャッシュパスポート公式HP

▲上記のいずれかが必要になります。

3.カードにお金をチャージする(振込)

キャッシュパスポートのチャージ方法は銀行振込です。
銀行口座は通貨ごとに振込先が分かれているため、自分のチャージしたい通貨の銀行口座に振込をしましょう。
また、振込人名に「16ケタのカード番号」と「保有者の名前」は必ず入力する必要があります

4.現地で使う

あとは海外に持っていって使うだけです!
オリジナルカードとスペアカードは必ず、別の場所にして持っているようにしましょう。
オリジナルカードを普段使いのバッグの中、スペアカードをスーツケースの中など。

海外ATMを使用する際は、日本と同じように、ATMへカードを入れて現金引出しを行います
加盟店使用の場合は、支払の際に店員に渡せば、それでOKです

マルチカレンシーキャッシュパスポートとマネパカードの比較

キャッシュパスポートと類似のサービスを運営している、マネパカードとの比較を見ていきましょう!
※ちなみにマネパカードは海外プリペイドカードとしては、最安手数料を誇ります

カード名 マルチカレンシー
キャッシュパスポート
マネパカード
デザイン
国際ブランド マスターカード マスターカード
海外ATM
利用手数料
4%+200円
※8通貨に限って、0%+200円
2%+200円
※5通貨に限って、0%+200円
海外ショッピング
利用手数料
4%
※8通貨に限って、0%
2%
※5通貨に限って、0%
チャージ
手数料
1% 無料
セキュリティ ICチップ搭載
オンラインセキュリティロック
不正利用補償あり

モニタリング(使用状況確認)
ICチップ搭載
オンラインセキュリティロック
ショッピング保険あり
利用確認メール
※不正利用補償なし※
サービス・特典
スペアカード1枚無料
200円ごとにTポイント
1ポイントが貯まる
国内利用の場合、
0.5%のキャッシュバック
サポート体制 24時間365日日本語対応コールセンター
電話越しの簡易通訳サービス
提携店での現金手配サービス
海外は平日営業時間
のみ電話対応
入会金 無料 無料
※15歳以上から
発行可能
年会費 無料
※1年不使用の場合、
翌月から毎月150円
無料
出勤手数料(清算) 500円 500円
公式HP キャッシュパスポートHP マネパカードHP

※マルチカレンシーキャッシュパスポートの8通貨とは、「米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル」のことです。
※マネパカード指定5通貨とは、「米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル」のことです。

ハリネズミくん
正直どこを見れば良いか分からないよ!
ネコ先生
どこが大切なのか解説していくよ。

気になるポイント(違い)は以下の3点にまとめられます。

  • 為替手数料(外貨への換金)に関しては、マネパカードの方が良い
  • マネパカードはFX利用など上級者向け
  • 結論:キャッシュパスポートとマネパカードは一長一短

一つずつ見ていきましょう。

為替レート(外貨両替手数料)に関しては、マネパカードの方が良い

細かい話をすると、長くなってしまいますが、為替手数料に関してはマネパカードの方が良いです。
マネパカードはFXを基にしたレートを使用できるため、他のカードに比べて割安で外貨両替ができます。

ハリネズミくん
単純なお得度だけで言うと、マネパカードの方が良いってこと?
ネコ先生
その通り!

マネパカードはカード入金が複雑

キャッシュパスポートなど、通常の海外プリペイドカード使用の手順は以下になります。

  • 指定口座へ振込→海外で使用

一方マネパカードはこれとは少し異なる手順が必要です。

  • 指定口座へ振込→HPで日本円残高を外貨へ換金する→海外で使用

このように、他の海外プリペイドと違って、間にひと手間かかるのですね
慣れてしまえば楽ですが、初心者の方には、若干手間に感じるかもしれません。

また、他の海外プリペイドのように、本人以外からの入金はできないので、留学などで子供が持つのはイマイチおすすめしづらい部分があります

結論:キャッシュパスポートとマネパカードは一長一短

海外プリペイドカード使用であれば、管理人はマネパカードかキャッシュパスポートどちらを選ぶかは、好みによると言えます

マネパカードはカードの利用ON/OFFや利用確認メール機能こそあるものの、不正利用補償が付いていないため、多少セキュリティ面で弱いと言えます。
一方で、キャッシュパスポートはセキュリティ面こそ強いものの、両替手数料などはそれほど良くありません。

このように、一長一短であるため、好みによると言えるのですね。

ハリネズミくん
確かに、双方のカードにメリット・デメリットがあるってことが分かるね。
手数料が安くて、かつセキュリティ面もしっかりしているカードはないの?
ネコ先生
実はね、それがあるんだ。
詳しくは下の通りだよ。
国際デビットカードのすすめ

▲住信SBIネット銀行デビット(MasterCardブランド付)、ジャパンネット銀行デビット(VISAブランド付)

デビットカードとは、銀行のキャッシュカードにクレジットカードの決済機能が備わったようなカードです。
海外プリペイドカードと同じように、預けた分だけ現地ATMで引出すことができます。

最新の比較によって、海外プリペイドカードよりも安定して手数料が安く、セキュリティ面が強いことが分かりました
詳しくはこちらからどうぞ。

全20種の外貨両替手数料+レートを徹底比較!最も安い方法はこれだ!

2019.09.10

キャッシュパスポートの口コミ・評判

最後にキャッシュパスポートの口コミや評判を見ていきましょう。
以下、ヤフー知恵袋やツイッターよりピックアップしています。

ヤフー知恵袋での口コミ・評判

海外の旅行会社へキャッシュパスポートで支払いできますか?

私は現在カナダにいて、現地の旅行会社を使って、観光に行くつもりです。
この場合、キャッシュパスポートで支払いはできますか?

引用:Yahoo!知恵袋

 

旅行中にトラベルが起こるもしっかり解決!

キャッシュパスポートに50万円ほど入れてオーストラリア旅行に来ました。
ただ、ATM引き出しの際に暗証番号の入力ミスを3回してしまい、キャッシュパスポートへログインすることもできません。
どうしたらいいでしょうか?

引用:Yahoo!知恵袋

 

キャッシュパスポートとクレジットカードはどっちがお得ですか?

グアム旅行を計画しています。
必要なものを調べているうちにキャッシュパスポートの存在を知ったのですが、クレジットカードとどちらがお得でしょうか?

引用:Yahoo!知恵袋

以下、ツイッターでの口コミ・評判

 

 

ハリネズミくん
キャッシュパスポートの口コミは概ね良さそうな感じだね。
ネコ先生
そうだね。確かにトラブルが0ってことはないけど、大抵はしっかり使えているようだね。

まとめ:結局キャッシュパスポートはおすすめなの?

キャッシュパスポートは海外専用のプリペイドカードです。
海外プリペイドカードとしては、マネパカードと並んでおすすめの一枚です
その理由は「マルチカレンシー機能による安い為替手数料」「不正利用補償やサポート態勢」「スペアカードの存在」です。

これだけしっかりとした補償とサポート態勢がそろっているカードは、キャッシュパスポートだけです。
クレジット利用が好きでない方や、留学予定の学生さんにもおすすめのカードです。
年会費・発行費も無料なので、是非作って、海外利用してみてください!

最もお得な外貨両替ランキング!

6つある海外プリペイドカードを徹底比較しました。
比較で分かった一番おすすめの海外プリペイドカードはこれだ!

海外プリペイドカード6つを比較して分かった1番おすすめはこれだ!

2019.02.18

海外プリペイドカードだけでなく、他の外貨両替方法も含めて徹底比較しました。
「結局のところ何が一番お得なの?」という方はこちらをどうぞ。

全20種の外貨両替手数料+レートを徹底比較!最も安い方法はこれだ!

2019.09.10

スポンサーリンク








まだ空港で両替してるの?

外貨両替に無駄な手数料をかけるのはもうやめませんか?
このページには、外貨両替手数料を10,000円以上節約する方法が書いてあります
せっかくの旅行、絞れるところはしぼって、浮いたお金でプチ贅沢をしましょう!



海外旅行保険を無料に!?

1週間で4,000円、1カ月で17,000円。
海外旅行保険は確かに大切ですが、これだけの金額をかけるのは馬鹿らしくありませんか?
海外旅行保険付きのクレカを発行すれば、保険料を無料にすることができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です